ステファン・ビアンキ

ウォッチ&ジュエリ

ステファン・ビアンキは、1965年1月10日にフランスで生まれました。

パリ政治学院を卒業後、アーサー・アンダーセンでコンサルタントとしてのキャリアをスタートします。

その後、イヴ・ロシェグループにて主要なキャリアを積み、1998年に33歳でマネージング・ディレクターに就任。「イヴ・ロシェ」「プチバトー」ブランドの経営に直に携わり、グループの成長と多角化に貢献しました。また、「ラコステ」「Manor(マノー)」「Gant(ガント)」などを有するMaus Frères(マウス・フレール)グループに、取締役会のメンバーとして参画しました。

2018年、LVMHグループに加わり、LVMHの時計部門最高経営責任者およびタグ・ホイヤーCEOに就任。

2020年には、ウブロ、タグ・ホイヤー、ゼニス、ショーメ、フレッドを統括するLVMHウォッチ&ジュエリー部門のトップに任命されました。

2021年10月から、ウォッチ・ジュエリー部門にブルガリが加わり、ステファン・ビアンキはLVMH執行委員会のメンバーとなりました。