LVMH Métiers d’Art

継承とサヴォアフェール

ファッション & レザーグッズを守り、発展させるため、メゾンは必要な原材料と優れたサヴォアフェールを獲得する必要があり、LVMH Métiers d'Artでは最高のサプライヤーに対して長期間の投資とサポートを行っています。

LVMH Métiers d’Artは、パートナーのサプライヤーとの協力により、品質の高い原材料の調達 (大抵は希少または次第に減少しつつある原材料) とサヴォアフェールの継承の充実 (時に独特で、伝統的な、この産業特有の技術) において、包括的で持続可能な開発戦略を実施しています。

それ以上に、LVMH Métiers d’Artはグループの信条に従い、共通プロジェクトを通じて、職人の創造性とそのあらゆる形態の革新性を研ぎ澄まし、「メティエ」と外部とのパートナーシップ間の交流を行っています。

このようにして、レザー「メティエ」では、LVMH Métiers d’Artとコー・ブラザーズが協力し、シンガポールのヘンロンなめし革工場を開発しました。1950年創業のこの工場は、現在クロコダイル革のなめしをリードしています。2012年、LVMHは、フランス最後の革なめし会社の1つで、1803年創設のカーフスキンを専門としたルー・タヌリーを買収。

2015年には、エントルフィーノラムスキン加工のトップカンパニーである、スペインのリバギシャ社の株を取得しました。

その他の活動 : 継承とサヴォアフェール