マイケル・バーク

(ルイ・ヴィトン)

マイケル・バークは、グループアルノーに入社し米国の投資事業を担った後、1986年から1992年までは米国クリスチャン・ディオールのCEOを、次いで1992年から1997年まではルイ・ヴィトン北米地区のCEOを務めました。

1997年、マイケル・バークはクリスチャン・ディオール クチュール (ワールドワイド) のマネージング・ディレクターになり、2003年にはフェンディの会長兼CEOに就任します。

2012年にはブルガリのCEOを経て、ルイ・ヴィトンの会長兼CEOに任命されました。LVMH執行委員会のメンバーも務めています。

2016616日、マイケル・バークはオートクチュール・プレタポルテ連合協会の管理委員会メンバーに選ばれました。