ミッション

ラグジュアリービジネスの世界的グループであるLVMHは、1987年の創業以来、漲る創造性と卓越性への弛みのない追求に特徴付けられるビジネスモデルを展開してきました。LVMHグループは、長期的な展望のもとに、傘下にある75のメゾンがそれぞれの個性を尊重しながら発展できるよう支援しています。それらのメゾンのどれもが、洗練のタッチを添えたLVMHのアール・ド・ヴィーヴル(美しく豊かに生きる喜び)のビジョンを世界に向けて発信しています。

「グループ傘下にあるメゾンは、エレガンスに満ちたアール・ド・ヴィーヴルを推進し、広めようという使命を常に掲げてきました。メゾンがこだわってやまない“アール・ド・ヴィーヴル”という表現は正確には、時代と共に変わりゆく洗練とエレガンスの情熱的な追求を、メゾンが幾世紀をも超えて、お客様に寄り添いながら提案してきたことを意味しています」

1987年に誕生したLVMHグループは、比類のないクオリティを誇る製品をクリエイトする75の高級メゾンで構成され、ワイン & スピリッツ、ファッション & レザーグッズ、パフューム & コスメティクス、ウォッチ & ジュエリー、セレクティブ・リテーリングというラグジュアリーの5つの主要セクターを網羅する唯一のグループです。LVMHは現在、全世界で17万5千人以上を雇用し、2021年度の売上高は642億ユーロに上ります。

どのメゾンも世紀を超えて、自らの提供する製品とサービスに細心の注意を払いながら、有形/無形遺産を守り、強化してきました。最高級品質の原料の入手、製造ツールの製造、さらには流通形態の厳選など、下流部門から上流部門まで、グループは垂直統合を採用してバリューチェーンを構築しています。こうした企業モデルこそが、私たちの製品の卓越性を時間を超えて約束します。世代から世代へと受け継がれ、時代を超えて愛されるためにデザインされた製品は、アール・ド・ヴィーヴルの精神や時の流れに左右されない魅力に対する私たちのビジョンを主張しています。

私たちはグループにとって経済的な効果をもたらす製品のクオリティに一切妥協せず、一方、倫理、社会、環境に対する企業責任においても、厳格な態度を貫きます。こうした理由から、LVMHは企業としての責任を年を追うごとに強化しています。従業員やパートナー企業、さらにはステークホルダーとの関係や行動において、正しい行動を取り、推進することはLVMHの強いコミットメントであり続けてきましたが、今日こうした姿勢は、倫理面での企業責任の課題と、LVMHがグループとして社会に貢献していきたいと願う役割についての答えをもたらします。そこにラグジュアリー産業のリーダーとしての義務が反映されています。