RIMOWA

ロード中...
RIMOWA
RIMOWA

RIMOWA

1898年にケルンで創業したリモワは、アイコニックなデザインとたゆみない卓越の追求で名高い、ラゲージの名品を象徴するメゾンに数えられるようになりました。ドイツのクラフツマンシップと革新に対する業界の基準であるリモワは、洗練された旅行者を刺激し、視野を広げてもらおうと常に努力しています。

1898年創業
CEO : ディーター・モルシェックおよびアレクサンドル・アルノー
本社 : Richard-Byrd-Str. 13, 50829 Cologne, Germany
ウェブサイト : www.rimowa.com

IDENTITY

リモワのあらゆる活動の中心にあるのは、類まれなラゲージを造るという野心だけでなく、現状に疑問を投げかける勇気でもあります。1898年にポール・モルシェックが創業して以来、リモワは先駆的な姿勢を育んでおり、手掛けたスーツケースからもそれが見てとれます。リモワのスーツケースにふさわしい軽量素材としてグルーヴ加工のアルミニウムを見出したのは、先見の明に支えられた父のアプローチを受け継ぎ、初期の航空産業にインスピレーションを得たリチャード・モルシェックでした。デザインにおけるクラシックの誕生です。父と祖父に匹敵する創意と勇気を備える現CEOのディーター・モルシェックは、リモワの世界的な成功への道を開きました。最先端技術、妥協のない品質、タイムレスなデザインを重視する姿勢により、リモワのスーツケースは、洗練されたお客様に世界各地への旅のお供として選ばれるスーツケースになりました。今日、世界中で3,000人の社員を抱えるリモワは、変わることなくクラフツマンシップに精密技術と勇気ある革新への取り組みを結びつけています。「リモワ エレクトリック タグ (電子タグ)」の導入により、絶え間なく変化する現在において伝統に忠実であり続けながら、同時に旅行史の新時代を切り開きます。

20世紀初頭の歴史的な広告© RIMOWA

ICON

1950年はリモワにとって新時代の幕開けでした。伝説的なグルーヴ加工を特徴とする、初のアルミニウム製スーツケース「トパーズ」。輝くシルバーのラゲージはそのタイムレスかつコンテンポラリーなエレガンスで際立ち、旅のアイコンとなりました。これがリモワの世界的な名声と成功への道を開くのです。

タイムレスでクラシックな名品にして、アイコニックなデザインで世界的な名声を博している「トパーズ」 © Dirk Weyer

INSPIRATION

勇気と好奇心だけでなく、すべての先駆的なアイディアはそれ自体のインスピレーション源に密接に結びついています。リモワにとってそれは、伝説的なユンカースF13という、世界初の全金属製旅客機です。先見の明あるエンジニア、フーゴー・ユンカースが1919年に製造した、旅行の新時代を象徴する飛行機でした。
今日もなお、リモワというブランドを形成し続けているのは、リモワにインスピレーションを与えたアイコニックなグルーヴ加工の軽量アルミニウムだけではなく、人と国を結びつけるフーゴー・ユンカースの遺産でもあるのです。

19191年にフーゴー・ユンカースが製造した伝説的なユンカースF13と、2016年にリモワが復元した同機 © Gregor Kaluza

重要な数字

  • 4 世界に分布する生産拠点の数
  • 90 リモワのスーツケースを製造するために必要な平均ステップ数
  • 200 リモワのスーツケースを構成する平均部品数