Louis Vuitton

ロード中...
Louis Vuitton
Louis Vuitton

Louis Vuitton

ルイ・ヴィトンは創業以来、常にインスピレーションに満ち溢れながら新境地を切り拓き、象徴的なクリエーションによって世界を魅了し続けています。

1854年創業
会長兼CEO : マイケル・バーク
本社 : 2, rue du Pont-Neuf, 75001 Paris - France
ウェブサイト : www.louisvuitton.com

IDENTITY

1854年に創業したルイ・ヴィトンは、今日まで創業者の精神とビジョンを受け継いでいます。その伝説的な歴史はいつも旅と共にあり、メゾンは今もなお、モノ作りの最前線に立っています。ルイ・ヴィトンの冒険心は現在も独自の伝統と価値観、革新と創造性を追求する厳格な精神、大胆な製品、デザインにおける完成度への情熱によって体現されているのです。レザーグッズをはじめ、プレタポルテ、アクセサリー、シューズ、ウォッチ & ファインジュエリーにいたるまで、メゾンによる創造は伝説的なオブジェとなってその名を歴史に刻んでいます。世界各地で展開する店舗では、創業時のエスプリを具現化した空間でお客様をお迎えし、メゾンならではの世界観へと誘います。2013年11月5日以降、ニコラ・ジェスキエールがウィメンズ・コレクションのアーティスティック・ディレクターを務め、メンズ・コレクションは2011年3月1日よりキム・ジョーンズがアーティスティック・ディレクターに就任しています。

2016年のクルーズ プレタポルテ キャンペーン © Louis Vuitton Malletier / Patrick Demarchelier

ICON

1896年、ジョルジュ・ヴィトンが偉大なる父へのオマージュとして考案したモノグラム・キャンバスは、瞬く間に著名な旅人や冒険家に支持されました。当時、レザーやキャンバスでデザインされていた「スティーマー」や「キーポル」、「スピーディ」といったバッグが、後にブランドの独自性と卓越性、希少性の象徴となった新たなモノグラム・キャンバスによって生まれ変わりました。

2014-2015秋冬ウィメンズ・コレクション @ Louis Vuitton Malletier / Giovanni Giannoni

INSIGHTS

マイケル・バーク (ルイ・ヴィトン CEO) © Louis Vuitton Malletier / Jean-François Robert

「世界中では毎日、お客様は真に魅力的なものやルイ・ヴィトンならではの特別な何かを求めに私たちの店舗を訪れます。このようなお客様の情熱によってルイ・ヴィトンは進化し続け、創業者が辿った旅が道しるべとなり、私たちを毎日素晴らしい冒険へと導いています。」

INSPIRATION

1854年から続く、旅の真髄 (こころ)──ルイ・ヴィトンが創業したメゾンには今もなお、創業者の自由で挑戦的なエスプリが深く根付いています。時の流れと共に新たな発明が生まれ、鉄道や自動車、蒸気機関車、大西洋航路定期船、熱気球、飛行機などの交通手段が発達し、メゾンは旅の特徴や旅行者の要望に合せてデザインや素材、人間工学を考慮し、モノ作りに情熱を注ぎました。先駆的な存在となったメゾンは顧客の想いに応え、時には独自の発想を生み出しながら、遙か彼方の未知の世界を恐れることなく、大胆な発想によって新たな領域を切り拓きました。

ジャック=アンリ・ラルティグ © Ministère de la Culture - France / AAJHL

OUTLOOK

創業以来、メゾンのトランク作りは、レザーグッズや錠前、ケースの製作など新たなサヴォアフェールの発展を必然的に促してきました。モノグラム・キャンバスとダミエ・キャンバスを生み出したことで歴史的に名を刻むメゾンは、今日ではエピやタイガといった象徴的なレザー製品を考案すると同時に、ソフィア・コッポラがデザインを手掛けた「SCバッグ」やすでに伝説的となっている「カプシーヌ」バッグなど、さらに洗練された製品を生み出しています。1997年以降はそれと同じ精神を継承しながら、ウィメンズやメンズ ラインを展開する真の「ファッション メゾン」としての地位を確立しています。

重要な数字

  • 4 1854年、
    ルイ・ヴィトン1号店が
    オープンした
    カプシーヌ通りの番地
  • 12 フランスにある
    レザーグッズ アトリエの数
  • 250 ルイ・ヴィトンの
    レザーバッグを製作
    するのにかかる
    平均的な工程数

Louis Vuitton ソーシャルメディア

他のメゾンを見る - ファッション & レザーグッズ