Kenzo

Kenzo

Kenzo

創業:1970年
CEO : シルヴィ・コラン
本社 : 18, rue Vivienne, 75002 Paris - France
ウェブサイト : www.kenzo.com

IDENTITY

ケンゾーは50年来、前向きなエネルギーと自由の渦を広げながら、豊かな色彩の大胆で国際的なモードを打ち出し、自然と文化の多様性を讃えてきました。

1970年にパリで高田健三が創立し、最初のブティックをギャルリ・ヴィヴィエンヌにオープンしたこのメゾンは、絶えずコードを洗練させ、現代性を加えた新たな解釈をし続けることにより、その特異性を生み出してきました。多様なプリントのミックス、調和を奏でる洗練されたカラー、豊かで精巧な創造性が楽観主義と尊大さを表わしています。

ポルトガル人デザイナー、フェリペ・オリヴェイラ・バティスタをアーティスティック ディレクターのトップに任命したケンゾーは新たなダイナミズムを吹き込み、その潜在的な力を確実に伸ばしています。美の要求と機能性とを一体化するクリエイティブなビジョンに突き動かされ、メゾンのDNAと完璧に一致するフェリペ・オリヴェイラ・バティスタが、ブランドの唯一無二の遺産を尊重しつつ、その歴史に新たなページを刻みます。

Felipe Oliveira Baptista © Karim Sadli

ARCHITECTURE

ケンゾーが現在の本社を構えるヴィヴィエンヌ通り18番地の歴史は、急速な発展と著名なオーナーたちによって彩られています。今や伝説となっているこの場所は、1970年にメゾンがパリにブティックを初出店したギャルリ・ヴィヴィエンヌから少し離れた場所にあります。1640年、フランス財務相でパリ財務総監も務めたジャック・コケットが建築家ピエール・ル・ミュエに二つのウィング (一つは通りを見渡せる位置に、もう一つは中庭と庭園の間に来るように)を持つ邸宅を建設するように依頼しました。

交換や売却、分割、相続によって、所有者はマルボワ侯爵 (メートル・ド・ルケットにしてコルベールの甥)、フォントネー・トレジニ侯爵 (ルイ15世に仕えた陸軍大臣)のもとを経て、ようやく運命の意外な展開によってシルクとウールを販売するメゾンのもとにたどり着きました。由緒正しいヴィヴィエンヌ通り18番地の本社にはスタジオや工房、サポート部門、製品開発をはじめとするケンゾーの主要部門の大半を擁し、メゾンの精神を如実に体現しています。  

パリのヴィヴィエンヌ通り18番地 © Gabriel de la Chapelle
パリのヴィヴィエンヌ通り18番地 © Gabriel de la Chapelle

重要な数字

  • 122 世界各地の店舗数
  • 525 世界各地の社員数
  • 28 国籍の数

Kenzo ソーシャルメディア

  • Presenting the #KENZOFW20 campaign by Felipe Oliveira Baptista, realized through distance photography during the pa… twitter.com/i/web/status/1…
  • AN ODE TO OUR FOUNDER 🏻🖤 “It is with great sadness that I have learned the passing away of Mr Kenzo Takada. His am… twitter.com/i/web/status/1…
  • AN ODE TO OUR FOUNDER 🏻🖤 [...] Today, his optimism, zest for life and generosity continue to be pillars of our Mai… twitter.com/i/web/status/1…

他のメゾンを見る - ファッション & レザーグッズ