米国内のLVMH傘下のメゾンが、LGBTI+への差別に関する国連行動基準に署名

昨3月13日、LVMH執行委員会およびヨーロッパ圏内のLVMH傘下メゾンのCEOが一堂にパリに集結し、LGBTIに対する差別撤廃を目的とした国連行動基準に署名を行いました。さらにニューヨークで行われた世界プライド月間のセレモニーで、LVMHは同国連行動基準に署名することによって、多様性、平等性、敬意へのより一層のコミットメントを実行していくことを宣誓しました。セレモニーにはLVMH執行委員会よりシャンタル・ガンペルレ (LVMHグループ エグゼクティブ・バイスプレジデント、ヒューマンリソース & シナジー)およびクリス・デ・ラプエンテ (LVMHパフューム & コスメティクス部門会長およびセフォラCEO)、ならびに米国内のLVMH傘下メゾンのCEO、国連の人権担当官のファブリス・ユダールが出席しました。

LGBTI(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス)への差別撤廃を目的に定められた国連行動基準への署名は、NY世界プライド月間に先駆けて、1969年のストーンウォール暴動50周年を記念して開催された社内イベント「プライド・アット・LVMH」を機に行われました。

 

この行動基準に署名することにより、LVMHおよび傘下メゾンは以下の事項を遵守することをお約束します:

  • LGBTIの社員、顧客および地域メンバーの人権を尊重します。
  • LGBTIの社員に対する職場での差別を撤廃します。
  • LGBTIの社員を職場で支援します。
  • LGBTIの顧客、卸売業者および流通業者に対する差別をせず、共同事業者にも同じ規範を遵守させます。
  • 地域社会内で経営を行うLGBTIの人々の人権を守るために闘います。

シャンタル・ガンペルレ(LVMHグループ エグゼクティブ・バイスプレジデント、ヒューマンリソース & シナジー)およびアニッシュ・メルワニ(米国LVMH.Inc会長およびCEO)がプレゼンターをつとめた「プライド・アット・LVMH」で、クリス・デ・ラプエンテ(LVMHパフューム & コスメティクス部門会長およびセフォラCEO)およびマーク・ジェイコブスによるスピーチが行われました。

「多様な才能あふれる人達のおかげで、LVMHのメゾンは人に夢を与えられる製品やサービスを提供することができます。この結果を得るためには、性別、人種、性の嗜好、国籍の枠を超えて誰もが会社に貢献できる職場環境を整える義務を負わなくてはなりません。LVMHは世界をありのままの姿で称賛し、チームの面々に帰属意識を持たせる取り組みを応援しています」シャンタル・ガンペルレ(LVMHグループ エグゼクティブ・バイスプレジデント、ヒューマンリソース & シナジー)

「プライド・アット・LVMH」は、LVMHのメゾンで働くLGBTIの社員から、LVMHが職場や私生活におけるサポートという面で果たした役割についての個人的な感想を聞く機会にもなりました。彼らの意見によって、現在広い範囲で計画されているLVMHの各メゾンによる取り組み(セフォラによるロック・ユア・レインボウ、ヘトリック・マーティン・インスティテュートとの共同で行っているメイクアップ・フォー・エバーズ、ベネフィットコスメティクスとの共同プログラム「Bold Is Beautiful」)にも注目が集まりました。

年末までにLVMHは、LGBTIの社員に対する無意識の偏見およびインクルーシブ・リーダーシップに関する全世界向けトレーニングプログラムを、全取締役および管理職に対して実施するとともに、採用過程における差別撤廃への注意喚起を行う実践的ツールの開発を継続して行います。

第5回目を迎えるベネフィットコスメティクスとの共同プログラム「Bold Is Beautiful」

教育、福祉へのアクセス、経済的な自給自足を通じて女性の自立を推進したい、というベネフィットコスメティクスの熱意によって2015年に「Bold Is Beautiful」プログラムが誕生しました。そして2019年には、地元団体Women:girlsとともにマレーシアが加わったことで、本プログラムは世界で21カ国が参加する活動へと発展を遂げました。21カ国が連携する本プログラムは、ベネフィットコスメティクスのアイブロウ商品関連の売り上げによって開始と同時に1500万ユーロ以上もの金額を集めることができました。

「私たちは、美しさというものは、深く根ざすものであるとずっと信じてきました。女性たちの幸福や美しさに長年寄り添った結果、『Bold is Beautiful』というプログラムを開始することで美容という枠を超えて私たちの哲学を実践したいと思いました」とベネフィットコスメティクスのアンバサダーであり、ブランドの創業者ジーンとジェーン・フォードの娘で姪でもあるアニー・フォード・ダニエルソンは語りました。

© Benefit Cosmetics

2015年以来、ベネフィットコスメティクスとの共同プログラム「Bold Is Beautiful」は、1500万ユーロ以上もの金額を世界中のパートナーであるチャリティ団体に寄付してきました。2019年5月1日から31日の期間、5年目を迎えたプログラムを記念し、カリフォルニア生まれのベネフィットコスメティクスは、大胆で、自分自身を信じ、全力で生きる勇気ある女性たちを支援する地元団体に、眉毛脱毛関連の総売上を贈ることを決定しました。さらに、2019年を通じてベネフィットコスメティクスはマゼンタ色の3D-BROWtonesの総売上を寄付します。

5年目を迎える「Bold is Beautiful」プログラムを記念して、ベネフィットコスメティクスのアンバサダーであり、ブランド共同創業者のジーンとジェーン・フォードの姪であるアニー・フォード・ダニエルソンが90秒の動画でブランドが掲げるプログラムの大切さについて語ってくれました。

2019年、ベネフィットコスメティクスは「Bold Is Beautiful」プログラムに参加している21カ国とともに500万ユーロを募る、という課題に取り組みます。2019年には、女性に自信を取り戻させ、若い女性に変化の原動力となる力を与える支援を行なうWomen:girlsという団体とともにマレーシアが本プログラムに参加しました。本プログラムで募った寄付金によって、参加国が支持する団体を通じて、女性や若い女性が参加できるアトリエや教育活動の支援が実現します。

パリのユネスコ本部にてゲランが第3回目の「ユニヴェルシテ デ ザベイユ(ミツバチの大学)」を開催

2019年5月22日の国際生物多様性の日に第3回目となるゲランの「ユニヴェルシテ デ ザベイユ(ミツバチの大学)」プログラムが開催されました。ミツバチを守るための解決策や、もっとも有効な実践方法の解明を目的とした本プログラムは、ユネスコが国際生物多様性の日を記念して行う一連の「人間と生物圏(MAB)計画」会議の一環でもあります。

1853年以来、ミツバチはゲランのクリエイションのインスピレーション源であり続けると同時に、ブランドにとってかけがえのない数々のボトルを飾ってきました。ゲランを象徴するだけでなく、環境の番人でもあるミツバチは、ゲランにとって欠かすことができない原料をもたらしてくれます。一部のミツバチの生態系が危機にさらされるなか、多様性はゲランにとっての最優先事項のひとつです。ミツバチの保護は、ゲランが掲げる「Au Nom de la Beauté (美の名の下に)」という取り組みの支柱でもあり、この度実施された「ユニヴェルシテ デ ザベイユ(ミツバチの大学)」はこれらの取り組みから派生する数々の活動のひとつでもあります。

2017年より、このプログラムは毎年優れた専門家を招待し、ミツバチの消滅の原因と結果について意見交換を行い、こうした危機的状況を阻止するためのもっとも斬新的な解決策について語り合う場であり続けてきました。

こうしたテーマに詳しい方もそうでない方も、一般の方々に本プログラムに参加していただくことで、ミツバチというテーマに関する最新情報が共有できます。3回目を迎える本プログラムはさらに豊かな国際色を帯びるとともに、世界各国から提案された解決策を模索しながら、世界中のミツバチの危機によってもたらされる結末について意見を交わします。

Abeille Royale Ouessant(ウェッサン島のアベイユ ロワイヤル)

Abeille Royale Ouessant(ウェッサン島のアベイユ ロワイヤル)は、国際生物多様性の日の一環としてユネスコが開催する一連の「人間と生物圏(MAB)計画」会議のテーマでもあります。LVMHは本プログラムとの5年契約を発表しました。1970年代初頭にはじまった、政府間の科学プログラムであるAbeille Royale Ouessantは、世界レベルで人間と自然の関係を改善させるための科学的基礎の確立を目指しています。

LVMHはユネスコと手を取り合い、生物多様性の保護を目的とした「人間と生物圏(MAB)」計画を支援すべく5年間のパートナーシップを締結しました。

生物多様性を長期にわたり保全し、IPBES(生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム、別名「生物多様性に関するGIEC」)の第7回本会議でより良い結論を導くことを目指し、LVMHはユネスコと協力して世界レベルで生物多様性を保護することを目的とした、長期政府間共同研究事業計画「人間と生物圏(MAB)」に協賛することを決定しました。MABは国際連合で提唱されている持続可能な開発を実現するために重要な、政府間で協力して行う計画で、ユネスコの主要事業のひとつです。

パートナーシップ締結を機にグループは、中国昆明市で2020年11月に開催される生物の多様性に関する条約に基づくCOP15(第15回気候変動枠組条約締約国会議)を含む、今後2年間に開催される予定の主要な国際イベントに参加します。

LVMHとグループ傘下メゾンは、生物圏保存地域に登録されている686地域における、持続可能な調達計画のための科学的調査に協力します。これによりメゾンは各地域および分野ごとの専門家の意見を取り入れた資源調達と、生物多様性の保全を行うことができるのです。パートナーシップを締結することによって、天然資源の長期調達や製品識別、品質を重視した新しい市場や原料のトレーサビリティにおける画期的な解決方法の導入も容易になります。

さらにLVMHはMAB計画の元となるリサーチ計画にも参加し、長期における生物多様性の保全と責任ある調達のパイロットサイトのインフラ整備にも貢献します。

「生物多様性や環境資源を保全するためにLVMHとパートナーシップを締結できたこと、さらにグループレベルでこの重要な課題に取り組むことによって国際的に大きな反響を得ることができることを非常に喜ばしく思います。わたしたちは生物多様性における専門知識と浸食を防ぐ強い意志があります。地球のため、そして次の世代のためにともに協力し合い活動しなければなりません」ユネスコ事務局長オードレ・アズレ

「このパートナーシップは、グループで既に取り組み始めている生物多様性保護のプロセスにおいて大きな布石となります。わたしたちはユネスコと手を取り合い、この重要な課題に立ち向かうことができることを嬉しく思います」LVMHグループ取締役アントワーヌ・アルノー

LVMHはMAB計画を支援し、生物多様性保護を推進するために、生物多様性に関する国家戦略の加盟国が2012年より実施している計画、生物多様性研究財団(FRB)の加盟国が実施する計画を継続するとともに、グループ独自の「生物多様性」保全の一環として、マルチな活動を行っているフランスの非営利組織オレやフランス化粧品・トイレタリー企業連合と協力して活動していきます。

グループの環境保全の取り組みには、LVMHとその傘下メゾンの環境パフォーマンスの向上を目的として、2012年より始動しているLIFE(環境に対するLVMHのイニシアティブ)プログラムがあり、4つの目標を定めています。

  • 「製品」目標 : 2020年までに、100%の製品の環境パフォーマンスを向上すること。
  • 「サプライチェーン」目標 : 完璧な製品の製造に使用される原材料のトレーサビリティおよび適合性をさらに注意深く監視するのと同時に、天然資源を保護する。2020年までにはプロキュアメントチェーンの70%で最高水準の環境基準を適用し、2025年には100%に到達させること。
  • 「気候変動対処」目標 : 2020年までにCO2 排出量を対2013年度比で25%削減し、気候変動に対処するために導入されたイニシアティブを遂行すること。
  • 「拠点」目標 : 製造、事務所、店舗などすべての拠点において、水とエネルギーの消費量および廃棄物産出量を含む環境パフォーマンス指標で、少なくとも10%向上すること。

上記のほかに、グループ傘下のメゾンでも独自に取り組んでいます 。

  • ゲランでは、ウェッサン島のブラック・ビー(黒ミツバチ)保護協会や、2015年からはフランスミツバチ研究所への支援を行っています。
  • シャンパーニュ メゾン(ドン ペリニヨン、クリュッグ、メルシエ、モエ・エ・シャンドン、ルイナール、ヴーヴ・クリコ)は、地域で初となる2014年にシャンパーニュの持続可能農業の認証を受け、2015年には環境価値重視認証を全畑で受けています。
  • ヘネシーは農薬使用削減計画2025を6年前倒しで目標を達成し、数年前から環境保全型農業を試験的に実践しています。

MAB計画について

「人間と生物圏(MAB)」計画は生物多様性の喪失の減少を目的とした、環境・社会・経済の観点から科学的研究を行う政府間事業です。科学、環境、社会、開発など多岐の分野に及ぶため、MAB計画は精密科学、自然科学、経済、教育などいくつかのテーマを基軸として、人間環境を改善し、自然の生態系を保全する取り組みを行っています。同計画では特に社会的、文化的、環境的価値を考慮した革新的な方法による経済開発を推奨しています。生物圏保存地域に登録されている122か国、686地域という広い範囲で行われている天然資源の保全および保護方法に関する研究活動を支援しています。

 

LVMH、 Secours Populaireと取り組む「Une Journée Pour Soi」(「あなたのための一日」)イベントで国際女性デー2019を祝福

LVMHはフランスのチャリティ団体、Secours Populaireとの協力により、サンドニ、マルセイユ、ルーベで開催された実りあるイベントに続き、パリで「Une Journée Pour Soi」(「あなたのための一日」)のイベントを企画しました。80人の女性がこの金曜にメイクアップフォーエバー アカデミーと、その後のフォンダシオン ルイ・ヴィトンの招待を受けました。 LVMHグループは、国際女性デーを弱い立場で生きている女性をサポートする日と位置付け、彼女たちが抱えている問題から離れて前向きな自分自身のイメージを取り戻すチャンスを贈ります。

フランスのチャリティ団体、Secours Populaireとのパートナーシップにより「Une Journée Pour Soi」(「あなたのための一日」)という取り組みを立ち上げ、フランスの6都市で弱い立場で生活している女性を援助しました。サンドニ、マルセイユ、ルーベで行われた3部構成プログラムの最初のイベントは笑顔や笑い声、そして力強い感情が溢れていました。すでに200人近くの女性が、日々の困難から離れて楽しい一日を過ごしています。

プログラムは、こうした女性達が自信を取り戻し明るい将来を描けるように特別にデザインされた1日がかりのイベントです。LVMHメゾンのゲラン、メイクアップフォーエバー、セフォラのメイクアップアーティストによるワークショップや、プロの写真家(ジル・ベンシモン、オリビア・アーサー、レベッカ・オフテダル、ラジズ・アマニ、ガブリエル・ド・ラ・シャペル、アラン・デローム)による撮影、フォンダシオン ルイ・ヴィトンやマルセイユやルーベのプロヴァンス美術館のような文化施設のガイドツアーが開催されます。

© Gabriel De La Chapelle

「今日は本当にリラックスできたわ。いいことがたくさんあったの」とマリー=アルレットは言います。すでに仕事からリタイアしている彼女は、サンドニのプログラムでジャーナリストのクレア・ラジュニーにそう気持ちを伝えました。クレアの著作である『Sur la Route des Invisibles: Femmes dans la Rue』は、「誰の目にも映らない」ホームレスの女性達の1人称の語りをベースにしたポートレートのシリーズです。マルセイユでは、ミシェルが心の底からメイクアップワークショップを楽しみました。「今日の私はきれいだと思うわ!すごく素敵なアイメイクね。プリンセスみたい!」また、カティアが「短い間だったけど、贅沢な気持ちを取り戻せたわ。こういう体験がどれだけ素敵なことかすっかり忘れていたの」と付け加えます。

View this post on Instagram

🇫🇷 Secours Populaire x LVMH En partenariat avec le @secourspop, LVMH a lancé « Une Journée Pour Soi », une initiative destinée à 350 femmes en situation de précarité. A Marseille, Michelle, Houaria et Katia sont toutes trois passées derrière l'objectif de @RebeckaOftedal. Elles ont laissé de côté – le temps d'une journée – les difficultés du quotidien et ont pu prendre du temps pour elles. Claire Lajeunie, réalisatrice et auteur a pu recueillir leurs impressions : « J'ai du mal parfois à trouver la force de me battre. Mais ce matin, je suis heureuse. » (Houaria, relogée suite aux effondrements de la rue d'Aubagne). « J'ai retrouvé le luxe le temps d'un instant. J'avais oublié le plaisir. » (Katia). « Aujourd'hui, je me trouve belle. J'adore : on m'a maquillé les yeux, comme les princesses. » (Michelle). Un livre rassemblera une sélection de ces portraits, dont l'intégralité des bénéfices sera reversée au Secours populaire français et contribuera à sensibiliser à la cause des femmes, premières victimes de la précarité. _ 🇬🇧In partnership with @secourspop, LVMH launched an initiative called “Une Journée Pour Soi” (“A Day All Your Own”) to benefit 350 women living in vulnerable situations. In Marseille, Michelle, Houaria and Katia all had their portraits shot by photographer @RebeckaOftedal. They left behind – for the space of a day – their daily challenges and enjoy a little time just for themselves. Film director and author Claire Lajeunie asked them to share their impressions of the experience. “Sometimes it’s hard to find the strength to keep fighting. But this morning I’m happy,” confided Houaria, who was forced to move after a building dilapidated building collapsed in Marseille. “For just a short time, I rediscover luxury. I had forgotten how pleasant the experience is,” said Katia. “Today I think I look beautiful!” added Michelle.  A book featuring portraits will be published to heighten public awareness of the challenges facing many women, who are the primary victims of vulnerable situations. All proceeds from the sale of the book will go to the Secours Populaire Français. _ #UneJournéePourSoi #SecoursPopulaire #museeregardsdeprovence #Sephora

A post shared by LVMH (@lvmh) on

国際女性デーに合わせて、「Une Journée Pour Soi」がパリのメイクアップフォーエバーアカデミーにやってきました。メゾンのメイクアップアーティストが、様々な不幸を抱えて極めて大変な日々を送る80人の女性にVIPビューティートリートメントを施します。その後には、写真家のオリビア・アーサーやガブリエル・ド・ラ・シャペルによる記念撮影も行われました。また、パリのプログラムではフォンダシオン ルイ・ヴィトンの新しい展示である「コートー・コレクション、A Vision for Impressionism」と「フォンダシオン・コレクション、A Vision for Painting」のガイドツアーも行われました。日々の困難から離れちょっとした休息を取ることで、前向きなイメージや自尊心を取り戻し明るい気持ちで将来を見据える機会になります。

© Alain Delorme

「Une Journée pour Soi」プログラムが次に訪れるのは、ランスのメゾン ルイナール本社(2019年3月18日)と、カルカソンヌ(2019年3月21日)の予定です。

女性たちが極めて弱い立場に置かれやすいという事実を広く世間に知ってもらうために、これらのポートレートとクレア・ラジュニーによる文章を出版する予定です。書籍のセールスによる収益はすべて、Secours Populaire Françaisに寄付されます。

 

 

 

LVMH、国連のLGBTIへの差別に対する企業行動基準への署名により、包括的な企業文化を形成する取り組みを強化

世界中でLVMHとメゾンが企画した、職場における多様性と包括性を支援するイベントシリーズに続いて、3月13日に執行役員メンバー、CEO、HR(ヒューマンリソース)ディレクターなど300人が、グループにおけるジェンダーの多様性における成果を称え、職場における多様性と包括性を今後も継続していくために集まりました。

2020年までに主要なポジションでジェンダーの平等を達成するという目標に加えて、LVMHはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)の人々への差別に対する国連の企業行動基準に署名しました。これにより、多様性を育み、お互いの尊重や皆が平等に受け入れられる文化の促進にさらに取り組んでいくことを表明しました。 

昨日、2020年までに主要なポジションでジェンダーの平等を達成するとのグループの目標に取り組むメゾンやスタッフが紹介され、ジェンダーの平等プログラムが強調されました。こういった取り組みの中、2018年3月に開催されたオープンイノベーションのイベント「DARE EllesVMH」から2つの革新的なプロジェクトが立ち上げられました。SHEROは社内のデジタルプラットフォームとコミュニティーであり、記事、ビデオ、ポッドキャストなどを通じてLVMHの女性に自信をつける社内デジタルプラットフォームおよびコミュニティです。また、The Inclusion Indexは社内の多様な活動の促進を目的としたフレームワークで、これらの取り組みが対外的なグループの多様な目標達成をサポートします。

国連のLGBTIへの差別に対する企業行動基準に署名したことにより、LVMHの執行委員会のメンバーやCEOは以下の事柄へ取り組むことを表明します。

  • LGBTIの労働者、顧客、コミュニティメンバーの権利を尊重する
  • 職場におけるLGBTIの従業員への差別を廃絶する
  • 職場においてLGBTIの従業員をサポートする
  • LGBTIの顧客、サプライヤー、ディストリビューターを差別せず、ビジネスパートナーに対しても同様の行為を求める
  • LGBTIの人々がビジネスを行うコミュニティにおいて彼らの人権を守る

これは、LVMHで既に2009年に始まった行動規範である反差別ポリシーの上に積み重ねられます。2011年以降、採用者に対する反差別の研修や、採用過程におけるあらゆる差別に反対するテストを実施し、さらに2017年には状況の見直しも行われています。

現在グループでは、2019年末までに全世界の主要なポジションの従業員全員に対して無意識下の偏見や包摂的なリーダーシップに関する研修プログラムを実施する取り組みを進めています。

エコ照明

照明技術の進歩により、少ない消費エネルギーで発光できるようになっています。LED (発光ダイオード) 照明は、従来の照明と比較して、平均40%消費エネルギーを削減します。

© DR Guerlain