若手ファッションデザイナーの育成・支援を目的としたLVMHプライズ 2019 – 募集開始

第6回LVMHプライズの応募受付が2018年12月17日 (月) に始まります。

受付は、公式サイト LVMHPRIZE.COM  からのオンライン応募のみとなります。

締切は2019年2月4日 (月) です。

若手ファッションデザイナーの育成・支援を目的としたLVMHプライズの対象となるのは、これまで2回以上、ウィメンズウェア、メンズウェア、もしくはユニセックスのコレクションを発表したことのある40歳以下のすべてのデザイナーです。

LVMHグループが2014年に創設して以来、この賞は若手デザイナーに多大な恩恵を与えており、世界中の若手デザイナーに門戸を開いています。過去5回の開催を通して、若い才能の発掘、支援、助成に熱心に取り組んできました。

グランプリ受賞者は賞金30万ユーロに加え、ブランドの成長に関わるあらゆる分野において、LVMHグループのエキスパートによる1年間のサポートを受けることができます。

また、ファッションの専門校で1課程を修了した若者3人が選出される賞では、賞金1万ユーロに加えて、LVMH傘下メゾンのクリエイティブチームに1年間参加する機会が与えられます。

第5回LVMHプライズでは、計90か国、総勢1300人の応募者から選ばれた20人のセミファイナリストが、ファッションウィーク開催期間にパリへと招待されました。2018年のグランプリは、ダブレット (Doublet) を手がける日本人デザイナーの井野将之氏、そして特別賞はロック (Rokh) のデザイナーで韓国出身のロック・ファン氏が受賞しました。

第6回LVMHプライズについての詳細は、1月初旬に公開します。ここでは、2019年のファイナリストを選出する国際的に知られたファッション業界のスペシャリストからなる審査員リスト、開催日程、コミュニケーションテーマなどが発表される予定です。

過去の受賞者

ダブレット (Doublet 2018年)

ロック (Rokh 2018年特別賞)

マリーン セル (Marine Serre 2017年)

コウザブロウ (Kozaburo Akasaka 2017年特別賞)

ウェールズ ボナー (Grace Wales Bonner 2016年)

ヴェジャス (Vejas 2016年特別賞)

マルケス アルメイダ (Marques’Almeida 2015年)

ジャックムス (Jacquemus 2015年特別賞)

トーマス・テイト (Thomas Tait 2014年)

フッド・バイ・エアー (Hood by Air 2014年特別賞)

ミウニク (Miuniku 2014年特別賞)

 

LVMHの若手ファッションデザイナー支援事業25周年

LVMHでは創立以来25年間にわたり、グループの全メゾンにおいて歴史に裏付けされた素晴らしい伝統文化をさらに高めながら、創造と革新への情熱を基盤にした創作を続けてきました。ベルナール・アルノーは次のように説明しています。「伝統や遺産から芽吹いた革新には力がある」

ファッション、ジュエリー、パフューム、レザーグッズ、ワイン造り、時計など、LVMHグループの多様なビジネスにおいて、メゾンとデザイナーが高品質への追及、革新、創意、創造性への情熱において秀でた姿勢を貫いています。

歴史と未来は共に創造性に深く結びついているため、LVMHと傘下メゾンは常に積極性を持ってクリエイティブな才能を育ててきました。創造性はLVMHの核心的な企業価値のひとつであり、デザイナーからセラーマスターに至るまで、全チームの指針となっています。そしてLVMHの全メゾンにおいて、あらゆる創造性を支える原動力となっているのです。こうした背景から、2014年10月に現代アートを支援するフォンダシオン ルイ・ヴィトンを開館しました。フランク・ゲーリーの設計による壮麗な建物で、LVMHのアートに対する永続的な支援の舞台となっています。

LVMHは「創造性への情熱」を原動力に、長年にわたって企業慈善イニシアティブを通じ、世界のファッション業界に対して次のような支援事業を行ってきました (そして今後、新たなLVMHプライズの立ち上げが予定されています)。

  • ANDAMファッション・アワード (フランス国立モード芸術開発協会)
  • イエール国際モード・写真フェスティバル
  • ロンドン芸術大学 セントラル・セント・マーチンズ

フランス文化・通信省設立の若手デザイナー向け投資ファンド

若手ファッションデザイナーの育成・支援を目的としたLVMHプライズの創立も、こうした熱意から実現したものです。LVMHのイニシアティブは、ファッション業界の持続的成長と多様化において欠かせない新しい才能の勢いと台頭を底上げする力となっており、こうした活動を通して、高級ブランドの世界的なリーダーとしての責任をも果たしているのです。

1-4 October 2018: LVMH brings its Open Innovation DARE program to the US

Last week, the DARE LVMH program (Disrupt, Act, Risk to be an Entrepreneur) – a global talent development initiative based on Open-innovation and coming from startup methodologies – allowed 12 project teams to spent three days developing their innovative ideas into business plans to reinvent the future of luxury.

Through DARE, LVMH harnesses the ideas and creativity of its talents from across its portfolio of world-leading luxury Maisons. In the process, they were challenged by internal and external expert mentors; and a grand jury selected the winning projects which will be implemented inside the Group. Both mentors and Jury members included senior executives from LVMH and its Maisons, as well as external entrepreneurs and CEOs.

From October 1st to 4th, LVMH held its DARE LVMH program for the first time ever in the United States. It was created by LVMH based on the conviction that its own employees are a top source of creativity in working to anticipate the evolution of the luxury sector and to develop future business strategies.

DARE was initiated by Chantal Gaemperle, LVMH’s Group Executive Vice President Human Resources & Synergies in 2017 as a unique worldwide cross-brand, cross-sector and cross-expertise initiative for LVMH employees. It was initially conducted in France, followed by Italy and more recently Shanghai.

“The DARE initiative is a pillar of our talent development strategy. It is an opportunity for our highly innovative and skilled talents to network, discover and share ideas as well as development approaches, to promote a culture of innovation and entrepreneurship within the Group”, stated Chantal Gaemperle, Group Executive Vice President, Human Resources and Synergies at LVMH.

For the DARE LVMH in New York, over 6000 employees across LVMH were invited to submit an idea. Based on this, 60 LVMH talents were selected to participate, broken into 12 teams, which also included students from NYU, the Parsons School of Design, Brown and Barnard College. The teams worked on their project for three days at Camp David, a co-working space in Industry City, Brooklyn, and were challenged by mentors (LVMH Maisons CEOs and Regional Presidents, senior executives and external entrepreneurs and CEOs) to shape and refine their ideas.

On Wednesday, the teams then presented to a grand jury and three final projects were selected to be implemented within LVMH. The jury included Executive Committee members and senior executives from LVMH and its Maisons as well as from other leading businesses such as Rent the Runway, Moda Operandi and others. The winning projects were focused on how to improve the travel retail experience, to optimize visual merchandizing through an app and upcycling waste from the wine industry into the cosmetic sector. The jury also offered a special prize to an app improving the employee experience and skill sharing at LVMH.

On Thursday, the winning teams met with expert coaches from diverse departments across LVMH (environment, digital, IT, HR, finance), to bring their projects to life. These professionals will continue to help them refine their projects so that they can be successfully implemented within the LVMH Maisons. The event concluded with a keynote address from Sheila Johnson, the co-founder of the Black Entertainment Network (BET) and now CEO of Salamander Hospitality, which owns luxury resorts in the US.

 

The talents who participated in DARE LVMH in NYC– the “intrapreneurs”— all work in the Americas, represented 15 LVMH brands and six nationalities, and came from a wide range of departments and functions. This experience enabled them to share their expertise and experiment with new ways of working in order for their teams to create novel initiatives and strategies that address the future needs of the luxury industry. Having been through the DARE experience, these talents can now be ambassadors of new ways of working, which they will bring back to their LVMH brand colleagues.

Jury

  • Toni Belloni, Group Managing Director of LVMH
  • Lanessa Elrod, President and CEO of Louis Vuitton Americas
  • Chantal Gaemperle – Group Executive Vice President Human Resources & Synergies of LVMH. President of the Jury
  • Mary Beth Laughton, EVP Omni Retail of Sephora
  • Anish Melwani, Chairman and CEO of LVMH Inc.
  • Ian Rogers, Chief Digital Officer of LVMH
  • Amand a Baldwin, CEO of Supergoop!
  • Jennifer Hyman, CEO & Co-Founder of Rent the Runway
  • Daniel Piette, Chairman of First Founders, Former Chairman & Founder of L Capital
  • Kabir Shahani, CEO of Amperity
  • Ganesh Srivats, CEO of Moda Operandi
  • Julie Wainwright, CEO of The Real Real

Mentors

  • Davide Marcovich, President of LVMH Latin America /Chandon
  • Eric Marechalle, CEO of Marc Jacobs
  • Kelly Mc Carthy, Senior Vice President Digital of LVMH
  • Jean-Andre Rougeot, CEO of Benefit Cosmetics
  • Rodney Williams, President and CEO of Belvedere Vodka
  • Andrew Wu, Group President LVMH Greater China
  • Dan Habashi, Chief Managing Officer of Soho House
  • Lauri Kien Kotcher, CEO of Hello Products
  • Mauro Porcini, Chief Design Officer of PepsiCo
  • Paul Strachman, Partner of Red Sea Ventures
  • Kay Unger, Chairman of the Parsons Board of Governors, CEO of Kay Unger Design

Key figures

  • Our call for ideas went out to nearly 6,000 people working for the Group in the Americas
  • 60 participants from 6 different nationalities, representing 15 Maisons within the Group were selected
  • 12 university students included in the reflection process
  • 12 teams
  • 11 mentors
  • 12 Jury members
  • 3 winning teams and projects
  • 1 additional jury prize