フォンダシオン ルイ・ヴィトン

芸術と文化

パリのブローニュの森に建つフォンダシオン ルイ・ヴィトンは、ベルナール・アルノーのイニシアティブで、建築家フランク・ゲーリーにより設計されました。

フォンダシオンの使命は、現代のフランスおよび国際的な芸術創作を支援し、常設コレクションや企画展、芸術作品の委任、音楽を重視した学際的なイベントの様々なスケジュールを通じて、できるだけ多くの観衆がこの芸術を鑑賞できるようにすることです。

フォンダシオン ルイ・ヴィトンは、2014年10月20日に、当時のフランス大統領フランソワ・オランドとベルナール・アルノーによって落成され、LVMHとルイ・ヴィトンによる芸術と文化への長年の積極的な支援を改めて示しました。フォンダシオンは、21世紀の建築を象徴するモニュメントにより、パリの伝統に新しい重要な貢献をもたらします。

 

圧倒的な建築物

フランク・ゲーリーの設計の大胆な創造性が、建築物そのものをフォンダシオン ルイ・ヴィトンの第一作目たらしめています。樹齢数百年の木々に囲まれ、水面にその姿を移す建築物は、周囲の自然環境と調和し、心を引き付ける自然との対話を生んでいます。  外観は、展示スペースを内に収めた「氷山」を12の「帆」で包み込んだような印象。フランク・ゲーリーは次のように述べています。「変化し続ける世界を反映するため、1日の時間と光によって変化する建築物を設計して、形がないものと連続的な変質の印象を表現したいと考えました」帆の光と透明さが生み出すきらめきが、フォンダシオンの活動を直に伝えるダイナミズムを感じさせます。

数多くの技術的なイノベーションが、芸術的な熱意を建築物で表現することを可能にしています。フォンダシオン ルイ・ヴィトンプロジェクトでは、コンセプトの設計から建設作業に用いられたアプローチにいたるまで、基礎建築の原則に立ち返り、エキサイティングな新しい方向性に取り入れてきました。すべてのプロジェクトパートナーは、その発端から、ダッソー社の航空宇宙グループが開発したCATIAプラットフォームをベースに、ゲーリー・テクノロジー社が開発した革命的なDigital Project 3Dソフトウェアを使用して一緒に作業を学びました。建築物の組み立ての複雑さと各コンポーネント独自の特徴により (19,000枚のDuctal®パネル (超高性能な繊維強化コンクリート)、3,600枚のガラスパネルなどを使用)、エンジニアは工業プロセスをカスタムクラフト製造モデルに適応することにしました。ガラス、木材、金属フレームの対話が技術的技巧と美的技巧の両方を表しています。

フォンダシオン ルイ・ヴィトンは、その高い環境的目標により、最新のHQE® (High Environmental Quality) 規格のパイロットプロジェクトとして選択されるにいたりました。一連のアップストリーム研究では、現地の動物相、植物相、地下水面に加え、設計・建設から日常業務までの各段階でエコロジカル・フットプリントを最小化するための音響的な影響とパブリックアクセスを分析しました。

芸術プログラム

公益への貢献を重視するフォンダシオン ルイ・ヴィトンでは、モダンアート・コンテンポラリーアートの促進を図るとともに、できる限り幅広い観衆が芸術に触れることができるよう努めています。

このコミットメントにより、次のような活動を展開しています。

アーティスティック・ディレクター、スザンヌ・ページ監修のもと、フォンダシオン コレクションを確立。ベルナール・アルノーが明確に示した独特の作品ラインナップとアプローチが反映されています。このダイナミックで絶えず拡大し続けるコレクションは、独特なラインで定義される自然な構成になっており、  作品はコンテンプレーティブ、ポップ、エクスプレショニスト、ミュージック & サウンドの4つのカテゴリーに分類されます。ゲルハルト・リヒター、エルズワース・ケリー、トーマス・シュッテ、ピエール・ユイグ、ベルトラン・ラヴィエ、クリスチャン・ボルタンスキーをはじめとするアーティストの作品がコレクションに含まれています。

 

フォンダシオン ルイ・ヴィトンは、毎年2回企画展を開催しており、世界的な視点でモダンアート・コンテンポラリーアートを紹介しています。これまでに開催された注目すべき展示会には、100万人を超える来場者を記録し、大きな成功を収めた「Icons of Modern Art. The Shchukin Collection (近代美術のアイコン シチューキン・コレクション)」展、「Being Modern: MoMA in Paris (モダンであること: パリのMoMA)」展があります。

音楽は、フォンダシオン ルイ・ヴィトンで大きな役割を担っています。建物の中心にあるホールは、エミュレーション、継承、音楽創作にインスピレーションを与えるスペースとして創設されました。あらゆるコンテンポラリーアート分野からミュージシャンやアーティストを迎え、建築家と優れた品質の装置のおかげで、アーティストにも一般の人々にも独自の舞台を提供しています。

フォンダシオンの芸術プログラムは、「フランスの文化的な使命を象徴する壮大な船をパリで設計する」というフランク・ゲーリーのビジョンと完全に共鳴しています。

 

その他の活動 : 芸術と文化