LVMH ハートファンド

社会責任と環境責任

LVMHグループは、約15年前から取り組んできた企業の社会的責任の一環として、世界中の全社員を支援する異例のファンドを設立しました。LVMH ハートファンドは、突如として深刻な状況に直面した社員に緊急の経済的支援を行うとともに、社会的・心理的な専門サポートを提供するものです。

LVMH ハートファンドは、世界70カ国以上で働く15万人のグループ社員に開かれたグローバルな支援プログラムです。これはは危機的な生活状況や日常の問題への対処をサポートすることを目的としています。現在もコロナ禍において困難な状況を抱えるケースは少なくありません。同ファンドには初期予算として3000万ユーロを投入。誰でも利用できる匿名・機密保持を約束するサポートホットラインが設置されます。

LVMHは、雇用主として社員がそれぞれの能力を発揮できる安全な職場環境を提供することがグループの責任であると考えています。LVMH ハートファンドの設立によって、LVMHは人生の最も困難な時期にある社員に支援を提供します。同ファンドは、エンゲージメント、個々人への思いやり、積極的な社会貢献への意欲といった、グループ社員も対象となる、新たなコミットメントです。

「グループは社会的責任に関して、過去15年間、常に意欲的なポリシーを持って取り組んできました。特に、ダイバーシティ&インクルージョン、男女平等、障がい者の分野に注力してきました。企業の繁栄をはかる要素は業績だけはありません。社会への貢献と、世界中どこにいる社員にもサポートを提供できることも重要な要素です。コミットメントは当社のコアバリューの一つであり、LVMH ハートファンドの設立がそれを実証しているのです」と、ベルナール・アルノー (LVMH 会長兼CEO) は述べています。

「グループを構成し、成功を生み出しているのは、ひとりひとりの社員たちです。彼らが人生で最も困難な時期を乗り越えるために、そばで支えサポートすることは、当然のことだと思われます。過去に例のないこの大規模な取り組みによって、グループの社会的コミットメントは新たな次元へと広がります。困難な状況に直面している社員に対し、極めて具体的な方法でサポートを提供することで、当社の信念の強さを表明しています」と、シャンタル・ガンペルレ (LVMH 人事 & シナジー部門 ディレクター)は述べています。