「多様性は、補完的なスキルと財産の大きな源であり、LVMHとメゾンにとって重要な成功要素をもたらします。LVMHは素晴らしい人材プールを持っています。こうした野心を持つ女性や男性にキャリアアップの機会をもたらすことは、当グループが現在、そして将来直面する課題への対応に欠かせません。」LVMHグループ 人事・シナジー担当エグゼクティブ・バイスプレジデント シャンタル・ガンペルレ。

LVMHは、事業の現実を反映し、貴重なパフォーマンスの源を生み出すことで、多様なチームへのコミットメントを継続的に再確認しています。この多様性へのコミットメントが、2007年のEllesVMH イニシアティブ創設につながりました。

グループのジェンダー平等イニシアティブであるEllesVMHで、LVMHは、さまざまな行動を通じて、女性の職能開発を促進します。

人材採用、トレーニング、賃金平等、キャリア評価面談、産休または父親の育児休暇など、真のジェンダーダイバーシティを促進する当グループの役員およびHRポリシーの積極的な関与に加えて、行動における3つの柱に取り組んでいます。

平等
50%の女性が、2025年までにグループの要職に就任

公平
全世界における給与の公平性の確保と監視

伝承
世界中に広がるEllesVMH ネットワーク全体のパワーを活用

こうした野心的な目標は、さまざまなイニシアティブを通してジェンダー平等を促進する具体的な成果を挙げており、LVMHにおける重要ポストに就く女性の数は、2007年以降、23%から46%に上昇しました。さらに、エグゼクティブやマネージャーの65%は女性であり、18名の女性がCEOに就任しています。

ジェンダー平等を促進するため、LVMHは、トレーニング、コーチング、メンタリングなど、グループレベルでイニシアティブを展開しています。給与の公平性は、エコシステム全体を対象とする年次監査を通じて監視されています。地域のネットワークは、LVMHの人材がそれぞれの体験を共有し、互いの成長をサポートし、各マーケットの特性に合わせた地域イベントやイニシアティブに参加する機会を提供します。各メゾンでは、文化、価値観、戦略的優先順位に合ったアクションの導入も行っています。これらは毎年、6つの報告カテゴリーを対象とするD&Iイニシアティブのグループ内部の指標であるInclusion Indexを通じて報告されます:ジェンダー平等、LGBTI+インクルージョン、障がい者インクルージョン、出自(国・社会)、世代、包括的文化。

LVMHの人材は、グループの社内プラットフォームであるEllesVMH.comにアクセスし、インスピレーションを与えるキャリアストーリー、プロの専門家によるコーチングのヒント、自己啓発ツールを活用することができます。EllesVMH.comには、女性のキャリアを支援し、関係部門、メゾン、そして世界中のあらゆる才能を結ぶグループのデジタルメンタープログラムであるEllesVMH Collectiveも含まれています。

2023年、50人以上を雇用するフランスのLVMH合同企業の成果に基づき、グループはジェンダー平等指数スコアにおいて93.3/100を達成しました。グループは、フランス政府によるジェンダー平等指数を用いて、男性社員と女性社員の間にある給与の不平等を評価しています。このスコアは、賃金格差、昇給格差、昇進格差、産休から復職して昇給した社員の割合、給与の高い上位10職種に占める女性の数という5つの基準に基づいています。

LVMHは国連の「女性のエンパワーメント原則 (WEP)」に署名しています。

その他の活動 : 社会責任と環境責任