若手ファッションデザイナーの育成・支援を目的としたLVMHプライズ

リーダーシップと起業家精神

LVMHでは、常に未来の才能の支援に尽力しています。2014年、当グループは、若手ファッションデザイナーの育成・支援を目的としたLVMHプライズの創設により、このコミットメントを再確認しました。

そのコンセプト、意義、グローバルな視野は他に類を見ないものです。毎年度のLVMHプライズで、傘下メゾンのアーティスティック・ディレクターが審査を行って選出した、特に優れたデザイナーの才能を表彰します。

「LVMHプライズは、若手ファッションデザイナーの育成・支援を目的としています。このスポンサーシップイニシアティブは、当グループの価値観を反映しています。当グループのデザイナーが未来の才能を選び出し、それぞれのメゾンの発展を通じて報酬とサポートを受けています。LVMHは、ファッションの世界の活力と創造性を国際レベルで育てることに意欲を持っています。ラグジュアリーグッズ業界のけん引役として、若い才能を発見し、その開発をサポートすることこそ当グループの責務です」と、デルフィーヌ・アルノー (ルイ・ヴィトン、エグゼクティブ・バイスプレジデント) は語っています。

LVMHプライズの受賞者は、30万ユーロの助成金と、LVMHプライズの贈呈式より12か月の間、LVMHグループの特定のチームから、受賞者が所属する企業の開発に対するパーソナライズされたサポートを受けることになります。このサポートは、急成長するファッションメゾンの関心を引く可能性があるあらゆる分野の専門家より提供されます (生産と流通、イメージとコミュニケーション、マーケティング、知的財産など)。

さらにLVMHでは、3人の若いファッションデザインの卒業生に、報奨として傘下メゾンの1つのクリエイティブチームで1年間過ごす機会を提供します。

第1回LVMHプライズ以来、トーマス・テイト、ミューニク、フード バイ エアー、マルケス アルメイダ、サイモン・ポート・ジャックムス、グレース・ウェールズ・ボナー、ヴェジャス・クルシェフスキー、マリーン・セル、赤坂公三郎、井野将之、ロク・ファンといった才能が報奨を受けています。

www.lvmhprize.com