L’Institut des Métiers d’Excellenceによるサヴォアフェールの維持

CSR (社会的責任)

© DR / LVMH

LVMHは、伝統的なサヴォアフェールを守り、後世に伝えると共に、若い世代に伝統的なクラフツマンシップやクリエイティブなメティエにおけるキャリアの魅力を伝えるために、Institut des Métiers d’Excellence (IME)を設立しました。

LVMHグループのメゾンの職人たちは、優れた品質を誇る創作で知られるだけでなく、貴重なサヴォアフェールの守り手でもあります。しかし、彼らの「メティエ」は、若い世代にはあまり知られていません。LVMHは、IMEを通して、LVMHの「メティエ」に対する認知度を上げ、また、機会均等を図りながらも優れた若者たちに才能とやる気のみをベースにこうした職人の仕事に就く機会を提供することで、この世界に興味を持ってもらうことを目指しています。

L’Institut des Métiers d’Excellence (IME)のユニークなカスタムメイドのコースを修了した生徒には正式なディプロマが授与されます。IMEのコースは、宝飾品に関してはEcole de la Bijouterie Joaillerie de Paris (BJOP)、ファッションデザインに関してはEcole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne (ECSCP)、革製品に関してはCompagnons du Devoirなど、一流の教育機関と協同で開発されたものです。生徒たちは、教室での実習や理論の授業、グループ傘下のさまざまなメゾンの工房での実体験、グループの熟練の職人やデザイナーたちとの交流、デザイナーによるマスタークラスなどが組み合わされたプログラムに沿って学んでいきます。

2014年は28人の生徒がこのプログラムに参加しました。

その他の活動 : CSR (社会的責任)