CEDREリサイクリング プラットフォーム

環境への取り組み 

CEDREプラットフォームで処理されるパルファン・クリスチャン・ディオールでのパッケージング © Paolo Verzone / Agence VU

2010年、LVMHのパフューム & コスメティクス事業セクターとセフォラは、廃棄物の分別・リサイクル・回収のプラットフォームであるCEDREの利用を開始しました。

CEDRE (Centre Environnemental de Déconditionnement et Recyclage Ecologique) は、化粧品の製造・包装・流通・販売で発生するあらゆる廃棄物の分別・リサイクル・回収に取り組んでいます。このリサイクリング プラットフォームは、使われなくなった包装資材やアルコール製品、広告材料、店頭用テスター、消費者から店舗に返品された空パッケージを初めとしてさまざまな種類 の廃棄物を受け入れています。また最近では、生地の処理とリサイクルも始まりました。LVMHのファッション&レザーグッズ事業セクターに属するメゾンもこの施設を利用しています。

2013年、このプラットフォームでは1,600トンの廃棄物が処理され、リサイクル率は平均で88%に達しました。各種素材 (ガラス、段ボール、金属、プラスチック、アルコール、セロハン等)はそれぞれ専門のリサイクル業者に売却されています。

その他の活動 : 環境への取り組み