ゲランのエコデザイン

環境への取り組み 

© Guerlain - Pol Baril

ゲランでは、エコデザインがチームにとってのイノベーションの源となっています。製品のライフサイクル全体を通して、責任と持続可能性をより重視しながら、クリエイティブであり、そして未来のラグジュアリーについて新たな発想で向き合うよう挑戦しています。

継続的改善への取り組みの一環として、各新規開発品にはIPEインデックス (LVMHグループが開発したソフトウェアで算出されるIndice de Performance Environnementale)のスコアが付与されます。環境負荷を測定するこのスコアは、各新規開発品がメゾンの全体平均を確実に改善することを目的としています。

責任あるイノベーションのひとつとして、ゲランは売れ筋商品の「オーキデ インペリアル 」のリフィルを開発しました。これはパリの店舗限定のサービスで、リフィルとしてそのまま販売されているわけではありません。お客様には空容器を店舗にお持ち頂きます。お店の奥で持ち込まれた容器が洗浄され、リフィルが詰められている間、お客様にはビューティーアドバイザーによる美容アドバイスやメイクなどが行われたり、ドリンクが用意されたりします。

また、資源の消費量を削減するため、フレグランスのギフトセットのサイズが過去3年間で15%小さくなりました。これで厚紙が1年当たり35トン節約されていることになります。さらに、すべてのギフトセットで使われるリサイクル素材の量も増えています。

現在では、コミュニケーションツールに第2の人生が与えられています。例えば、パリで行われた「ラ プティットローブ ノワール」のプロモーションに使われた防水シートとビルボードポスターは、障がい者を雇用している企業の手でイット・バッグやポーチ、コレクターズアイテムとなるようなノート等に変身しています。こうしたバッグやノートの売上から得た利益はゲランの支援基金に回され、厳選されたチャリティプロジェクトの資金援助に役立てられます。

その他の活動 : 環境への取り組み