環境への取り組み 

LVMHとその傘下のメゾンは、義務としてではなく責務として、環境保護に日々取り組んできました。ラグジュアリー製品のデザインと製造には、イノベーション、創造性、卓越した技量が求められますが、環境への配慮はこの過程の全ての段階に不可欠です。

© Emiliano Ponzi / ARR
フューチャー LIFE – 振り返り

LVMH: 環境と歩んだ25年の歴史

LVMHの傘下メゾンは、長期的視点と忍耐により成長と成功を遂げてきました。その製品には、天然で希少性の高い原材料が使われており、メゾンが探求する完璧さ、持続可能性、そしてノウハウの伝承を体現しています。この長期的視点は自然への配慮を決定づけ、LVMHの成功に不可欠な役割を果たしています。私たちは積極的に全力を注がなければならないという固い信念が、25年前のLVMH環境部門創設につながりました。

ベルナール・アルノーが2001年に署名した「環境憲章」は、グループの目標と戦略を次のように定めています。

  • 環境パフォーマンスの向上
  • 共同コミットメントの促進
  • 環境リスクの管理
  • 環境イノベーションとクリエイティビティの融合による高品質な製品のデザイン
  • 企業の枠を超えたコミットメントの推進

 

フューチャー LIFE – イベントのハイライト

「LIFEプログラムは、全ての傘下メゾンにおいて、製品のデザインからリテールに至るまで、LVMH環境ポリシーの範囲内で展開される全てのイニシアティブを組み立てる基盤であり中心となっています。」

LIFE、環境に対するLVMHのイニシアティブ

LIFE(LVMH Initiatives For the Environment / 環境に対するLVMHのイニシアティブ)プログラムは、2012年にLVMHとその傘下メゾンの環境パフォーマンスを向上させるために導入されました。このプログラムは、環境に対する責務をマネジメントプロセスに不可欠な要素として組み込むことで、新しい環境マネジメントツールの開発を促進し、さまざまなメゾンの革新的な取り組みを奨励するものです。

LIFEプログラムは、各メゾンの執行委員会により、その戦略計画に不可欠な要素として実施されており、その中心軸は環境パフォーマンスに関する9つの主要な要素です。各メゾンは、戦略目標の優先順位を決めてアクションプランを策定するとともに、パフォーマンス測定のインジケーターを定めます。

LVMHは、2016年にLIFE 2020を導入し、全てのメゾンで共有される4つの具体的目標を設定して環境コミットメントを新しいレベルに引き上げました。

  • 製品目標: 全製品の環境パフォーマンスの向上。
  • サプライチェーン目標: プロキュアメントチェーンの70%で最高水準の環境基準を適用。
  • CO2目標: CO2排出量をエネルギー消費量から2013年比25%削減。
  • 製造拠点目標: 全製造拠点及び店舗の環境パフォーマンスを少なくとも10%向上。

「LIFEプログラムは、傘下のメゾンを環境パフォーマンスに関する主要な要素で統合し、結集するものです。LIFE 2020がロードマップとなり、私たちにさらなる成功と意欲的な目標を達成させ、継続的な改善を推進するでしょう。」

フューチャー LIFE – LIFE 2020 プログラム

Initiatives

  • フューチャーLIFEイベント: LVMHの環境と歩んだ25年の歴史 

    2017年、LVMHは環境部門の設立25周年を祝福して特別イベント「フューチャーLIFE」を開催しました。

  • LVMH倫理およびコンプライアンスポリシー 

    LVMHはラグジュアリー業界のリーダーとして、模範的な行動を示すことに尽力しています。こうしたコミットメントから、2003年の国連グローバル・コンパクトに署名しました。2009年にLVMHが採用した行動規範は、国連グローバル・コンパクトと世界人権宣言に基づいており、グループの社員が業務を遂行するうえでの指針となっています。

  • LVMH傘下のメゾン、再生可能エネルギーから電力を得る! 

    太陽光、風力、地熱、潮力、植物を問わず、再生可能エネルギー源はすべて、カーボンフットプリントが非常に少ない (ひいてはゼロである)点が共通しているため、世界的なクリーンエネルギーへの転換において最高の位置につけています。再生可能エネルギーはLVMHの環境に関する方針においても優先項目です。LVMH傘下のメゾンの中では、タグ・ホイヤーとロロ・ピアーナが先導的な役割を果たしています。

  • LVMHがグループ内部炭素基金を設立 

    LVMHは2015年11月、このようなイニシアティブとしてはグループ史上初となる、内部炭素基金を設立しました。このイニシアティブの狙いは、グループと傘下の各メゾンが排出する温室効果ガスを減らすための好循環を生み、地球温暖化を抑制する国際的な努力に貢献することです。こちらの基金の取り組みについて以下ビデオをご覧ください。

  • 建設:グリーンビルディング 

    建設業界は、世界第3位の温室効果ガス排出源です。このためLVMHは、グループの施設 (商品保管所、店舗、オフィス)における環境パフォーマンスを優先基準にしました。2つのすばらしいプロジェクトがこの方針をよく表しています。

  • 環境課題に合わせたロジスティクス 

    2002年以来、LVMHは大部分のメゾンで環境監査を実施し、ロジスティクスを原因とする温室効果ガス排出に適切な対策を講じられるよう図ってきました。その結果この20年で、輸送距離の長短にかかわらず、経営実績と優れた環境パフォーマンスを兼ね備えた方法で製品を届けるために、一連の活動が行われました。いくつかの象徴的な例をご紹介します。

  • 電気自動車で澄んだ大気を! 

    COP21会議の代表団は電気自動車で移動し、気候変動との戦いにおけるグリーンモビリティの役割を際立たせます。この理念はLVMHに深く根付いており、グループ傘下でワイン & スピリッツを扱う2つのメゾン、ヘネシーとモエ・エ・シャンドンのイニシアティブがこれをよく表しています。

  • リテールのエネルギー需要を減らす 

    LVMHが排出する温室効果ガスの約70%は、傘下のストアでのエネルギー消費に起因します。こうしたストアの売り場面積は、世界中で100万平方メートルに及ぶのです。気候変動との戦いを支援するため、LVMHと傘下の各メゾンは売り場におけるエネルギーパフォーマンスの改善に優先的に取り組んできました。

  • LIFEプログラム・ブルガリの例 

    LVMH傘下のメゾンの例に漏れず、ブルガリも自社の戦略計画にLIFEプログラムを組み入れています。執行委員会は、各オペレーショナルチームのサポートを受けながら、すでに実施されているイニシアティブを強化し組み立てるための、野心的なアジェンダを策定します。

  • CEDREリサイクリング プラットフォーム 

    2010年、LVMHのパフューム & コスメティクス事業セクターとセフォラは、廃棄物の分別・リサイクル・回収のプラットフォームであるCEDREの利用を開始しました。

  • 持続可能な方法で管理された森からの木材を使用したへネシーの樽 

    コニャックにある樽製造会社サラズィンは、へネシーのオー・ド・ヴィーがしっかり熟成されるよう、樽の保守・修理を行っています。

  • ゲランのエコデザイン 

    ゲランでは、エコデザインがチームにとってイノベーションの源泉となっています。チームに対し、クリエイティビティを発揮し、未来のラグジュアリーを別の視点から捉えるよう促し、製品のライフサイクル全体について今まで以上に責任と持続可能性を重視するよう働きかけているのです。

  • ルイ・ヴィトン ドローム工房 

    風景に違和感なく溶け込むよう設計・建造されたルイ・ヴィトンのドローム工房は、フランスの非居住用建物を対象とする厳しい環境基準、HQE (Haute Qualité Environnementale)の認証を取得しています。フランスの工業用建物で最大規模となる屋上緑化が、自然との完璧な一体化に一役買っています。