フォンダシオン ルイ・ヴィトン

アート & カルチャー

フォンダシオン ルイ・ヴィトン© Iwan Baan

ベルナール・アルノーが建築家のフランク・ゲーリーに依頼して誕生したパリの「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」は、フランスを初めとする世界各国の現代芸術の創作活動を支援し、多くの人々にその作品を紹介する複合文化施設です。

2014年10月20日に、フランソワ・オランド仏大統領とベルナール・アルノーによるテープカットでオープンした「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」は、LVMHとルイ・ヴィトンによる芸術および文化の振興を目的とした支援がこれからも長く続いていくことを高らかに宣言するものです。21世紀の建築を象徴するこのモニュメントによって、パリが 誇る文化遺産がまた一つ増えました。

比類なき建築物
設計を手掛けたフランク・ゲーリーは、その創造力と大胆さを通して、フォンダシオン ルイ・ヴィトンの第一号となる作品を表現しました。パリにあるアクリマタシオン公園に生育する樹齢100年以上の森の中に誕生し、水の鏡の上に立つフォンダシオン ルイ・ヴィトンは、まさに木々と会話しているかのように、大自然の中で美しいハーモニーを奏でています。

「絶えず変わりゆく世界のように、その日の時間や光の加減で表情を変える建物を構想したいと考えました。時は一瞬たりとも同じではない、そのはかなさを感じてもらえるように。」フランク・ゲーリー

この建物の芸術的な野望の達成を可能にしたのは、数多くの優れた技術革新でした。構想から建物の仕上げ工事まで、「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」プロジェクトは、従来の建築原理を覆すものとなりました。

最後に強調しておきたい点は、「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」が、フランスの非居住用建物を対象とする厳しい環境基準、HQE® (Haute Qualité Environnementale)を改訂するためのパイロットプロジェクトに選ばれたことです。

 

芸術的なプログラム
フォンダシオン ルイ・ヴィトンでは、常設展、特別企画展、アート作品の制作委託、さらに数多くの多岐に渡るイベント (特に演奏会)が常に開催されています。

2014年秋から2015年春にかけては、フォンダシオン ルイ・ヴィトンが所蔵する作品とベルナール・アルノーの個人コレクションから厳選された作品をベースにした特別展覧会の他、多岐にわたるイベントが開催されました。スザンヌ・パジェが芸術監修をするフォンダシオン ルイ・ヴィトンのコレクションは、ベルナール・アルノーが選定した、主張の強いセレクションで構成されています。その中には、ゲルハルト・リヒター、トーマス・ シュッテ、ピエール・ユイグ、ベルトラン・ラヴィエ、クリスチャン・ボルタンスキー、フランク・ステラの作品も含まれます。また、作品の制作は、エルズワース・ケリー、オラファー・エリアソン、タリン・サイモン、サラ・モリス、セリス・ウィン・エバンスなど、世界的に活躍するアー ティストたちに委託されました。

企画展では、2015年の冬に、オラファー・エリアソンの活動を振り返る特別展が開催されました。春に一級の作品を集めて開催した『Keys to a passion』展には、世界屈指の美術館から貸し出された作品も含まれています。また、フォンダシオン ルイ・ヴィトンでは音楽も欠かせません。オーディトリアムが併設され、現代創作に貢献するあらゆる分野からのミュージシャンやアーティストと出会える場を提供しています。フォンダシオン ルイ・ヴィトンの芸術プログラムには、「フランスの文化に対する使命を反映する美しく壮大な空間を、パリに捧げたい」というフランク・ゲーリーの想いが託されています。

詳細はこちらをご覧ください:http://www.fondationlouisvuitton.fr/ja

フォンダシオン ルイ・ヴィトンの空からの眺め

その他の活動 : アート & カルチャー