LVMHグループのビジネスモデル

ラグジュアリービジネスの世界的グループであるLVMHは、1987年の創業以来、ダイナミックな成長を特徴とするビジネスモデルを展開してきました。

フォンダシオン ルイ・ヴィトン © Iwan Baan

「長期的なビジョンに基づく私たちの企業モデルは、傘下メゾンの伝統を尊重するとともに、比類のないクリエイションとクオリティを追求します。こうした姿勢が、グループの成功を支える原動力であり、未来のさらなる成長を約束する土台でもあります」

LVMHグループは、比類のないクオリティを誇る製品をクリエイトする70の高級メゾンで構成され、「ワイン & スピリッツ」「ファッション & レザーグッズ」「パフューム & コスメティクス」「ウォッチ & ジュエリー」「セレクティブ・リテーリング」というラグジュアリーの5つの主要セクターを網羅する唯一のグループです。

LVMHの独自のビジネスモデルは6つの柱で構成されています。

分権化された組織

閉じる

EcosystemeLVMHの組織上の特徴により、各部署や社員は自律性を保ちつつ、グループの経営理念を着実に反映しています。こうして、顧客のニーズにきめ細かく対応し、迅速かつ効果的で適切な意思決定を下します。このアプローチはまた、社員がモチベーションを維持し、起業家精神を発揮するよう促します。

croissance-interneLVMHグループは、有機的な成長を優先事項とし、メゾンを発展させ、持続的なクリエイションを促進するために多大な投資を行っています。このアプローチにおいて重要な要素は社員であるとの見方から、社員のキャリア向上をサポートし、能力を最大限発揮できるように促します。

integration-verticale垂直統合の実現によって、上方と下方の双方の流れにおいて効率化を目指します。原材料調達や製造施設から選択的な小売に至るまで、バリューチェーンのすべての過程をコントロールします。

synergiesグループ全体でリソースを共有することによって、各メゾンのアイデンティティと自主性を尊重しながら、インテリジェントなシナジーを実現します。LVMHグループの団結による力を、各メゾンに還元します。

Savoir-faireLVMH傘下のメゾンは長期的なビジョンを追求します。独自のアイデンティティと卓越性を守るため、LVMHと傘下のメゾンは、サヴォアフェールを後世に伝えるとともに、若い世代にクラフツマンシップやクリエイティブな専門職のすばらしさを伝えることを目指し、将来を見据えたイニシアティブを取ります。

geographie-2LVMHグループは、リソースを生かし、事業展開と世界各地への拡大をバランスよく実現し、安定した成長を維持します。バランスを取ることは、局地的な経済的要因の影響に左右されないという有利な状況を意味します。