企業モデル

LVMHは、傘下にあるそれぞれのメゾンのアイデンティティと独立性を尊重しながら、その発展を促しています。それぞれが卓越したクオリティを実現することができるよう、製品の構想、製造、流通、サービスに必要なあらゆるリソースを提供しています。

L'Entreprise LVMH, Fondation Louis Vuitton
フォンダシオン ルイ・ヴィトン © Iwan Baan

LVMHの独自のビジネスモデルは6つの柱で構成されています。

分権化された組織

閉じる

EcosystemeLVMHの採用する組織体系は、各メゾンの自律性と迅速な反応を確かにします。このように分権化されたビジネスモデルによって、お客様のニーズにきめ細かく対応し、迅速かつ効果的で適切な意思決定をすことができるのです。このアプローチはまた、社員がモチベーションを維持し、起業家精神を発揮するよう促します。

croissance-interneLVMHグループは、有機的な成長を優先事項とし、メゾンを発展させ、創造性を促し、それを守るために多大な投資を行っています。このアプローチにおいて重要な要素は社員であるとの見方から、社員のキャリア向上をサポートし、能力を最大限発揮できるように促しています。

integration-verticale最高品質の原材料調達、製造ツールの製造、さらには厳選された流通形態など、下流部門から上流部門まで、グループは垂直統合を採用してバリューチェーンのすべての過程をコントロールします。このような確立された体制が、厳格な管理とメゾンのイメージを保証します。

synergiesグループ全体でリソースを共有することによって、各メゾンのアイデンティティと自主性を尊重しながら、巧みなシナジーを創出します。LVMHの各メゾンの貢献によって生まれた力は、逆にまたそれぞれのメゾンに還元されます。

Savoir-faireLVMH傘下のメゾンは長期的なビジョンを追求します。独自のアイデンティティと卓越性を守るため、LVMHと傘下のメゾンは、サヴォアフェールを後世に伝えるとともに、若い世代にクラフツマンシップやクリエイティブな専門職のすばらしさを伝えることを目指し、将来を見据えたイニシアティブを展開します。

geographie-2LVMHグループは、事業と世界各地への拡大をバランスよく実現し、安定した成長を維持するために努力を注ぎます。このバランスが、予測できぬ経済的要因の影響にも左右されない強さをもたらします。