フィリップ・シャウス

(ワイン & スピリッツ)

フィリップ・シャウスは、1963年6月6日にルクセンブルクで生まれました。

INSEADで土木工学の学位を取得した後、1987年にブリュッセルのJ.P.モルガンからキャリアをスタートさせ、1990年にはドイツのボストン コンサルティング グループに移ります。

1992年、同じくドイツでビレロイ & ボッホの磁器テーブルウェア部門の国際事業部長になると、後に同部門のマネージングディレクターに昇進し、取締役会のメンバーに加わりました。

2003年、パリのルイ・ヴィトンにヨーロッパ地区社長として入社すると、2006年に国際部門のシニア・バイスプレジデントに任命され、2009年以降はエグゼクティブ・バイスプレジデントを務めました。2011年には、マーチャンダイジング & マーケティング担当のグループ社長として香港のDFSグループに加わり、2012年には同グループの会長兼CEOに就任しました。

2017年10月1日以降、フィリップ・シャウスはLVMHのワイン & スピリッツ部門、モエ ヘネシーのCEOを務めています。

また、2012年からLVMH執行委員会のメンバーでもあります。