ピエトロ・ベッカーリ

(クリスチャン・ディオール クチュール会長兼CEO)

ピエトロ・ベッカーリは1967年8月23日にイタリアで生まれました。

イタリア、パルマ大学の経営学部を卒業しています。

ピエトロ・ベッカーリはイタリアのベンキーザーおよび米国のパルマラットでマーケティングの経験を積んだ後、ドイツのヘンケルで総括経営に携わり、同社ではヘアケア部門担当のバイスプレジデントを務めました。

2006年にはルイ・ヴィトンのマーケティング・コミュニケーション担当エグゼクティブ・バイスプレジデントとしてLVMHに加わり、その後2012年にはフェンディの会長兼CEOになりました。

2018年2月以降はクリスチャン・ディオール クチュールの会長兼CEO、ならびにLVMH執行委員会のメンバーを務めています。