デルフィーヌ・アルノー

ルイ・ヴィトン製品

© DR

デルフィーヌ・アルノーは、1975年4月4日に生まれました。

デルフィーヌ・アルノーは、国際的な戦略コンサルタント企業のマッキンゼーでそのキャリアをスタートさせました。同社では2年間、コンサルタントとして従事しました。

2000年には、デザイナーのジョン・ガリアーノが指揮する企業に移り、同社の成長を支えました。彼女はここで、ファッション業界における実践的な経験を積むことになりました。

2001年にはクリスチャン・ディオール クチュールの執行委員会に参画し、2013年8月までデピュティ・ジェネラル・マネジャーを務めました。

2013年9月から、ルイ・ヴィトンのエグゼクティブ・バイスプレジデントに就任し、ルイ・ヴィトン製品に関連するあらゆる活動の責任者となりました。

デルフィーヌ・アルノーは現在、LVMHの取締役会および執行委員会のメンバーです。