シャンタル・ガンペルレ

(人事・シナジー)

シャンタル・ガンペルレは、1962年にスイスで生まれました。

ローザンヌ大学において政治社会科学の修士号、行政学のMBAを取得した他、INSEAD (フランス)も卒業しています。

1991年から1995年まで、フィリップ モリスで採用・人材開発マネジャーを務めた後、スイスの人事部門のトップとして、メリルリンチ インターナショナルに入社します。2001年には、コーポレートマネジメント開発・採用部門のトップおよび経営委員会のメンバーとしてネスレに迎えられます。

2007年、ガンペルレは人事・シナジー部門のグループ・エグゼクティブ・バイスプレジデントとしてLVMHに加わり、現在はLVMH執行委員会のメンバーも務めています。