シドニー・トレダノ

(LVMHファッショングループ会長兼CEO)

シドニー・トレダノは1951年7月25日にモロッコで生まれ、エコール・サントラル・パリを卒業しました。

トレダノはニールセン インターナショナルでマーケティング・コンサルタントとして早期にキャリアを積んだ後、1982年にジェネラル・セクレタリーとしてキッカーズに入社。1984年、ランセルのマネージング・ディレクターに任命されました。

1994年、クリスチャン・ディオール クチュールにレザーグッズ部門のディレクターとして入社。1996年に同社マネージング・ディレクターに就任、国際展開を担当します。1998年、クリスチャン・ディオール クチュールの会長兼CEOに任命され、ブランドの開発を遂行、クリスチャン・ディオールをラグジュアリー部門で最も名高いブランドへと押し出します。クリスチャン・ディオールS.E.のバイスプレジデント、マネージング・ディレクター兼取締役を務めました。

2018年2月以降は、多数の一流ブランド(セリーヌ、ジバンシィ、ロエベ、エミリオ・プッチ、ケンゾー、マーク ジェイコブス、ニコラス カークウッド、ロッシモーダ)を擁するLVMHファッショングループの会長兼CEO、ならびにLVMH執行委員会のメンバーとして従事しています。

その他にもIFM(アンスティチュ フランセ ドゥ ラ モード)とコルベール委員会の副理事と役員、パリ・オートクチュール組合管理委員会メンバー、パリ・オートクチュール校経営委員会メンバー、シャンブル サンディカル ドゥ ラ モード マスキュラン校長を務めています。

トレダノは名誉あるレジオン ドヌール勲章のシュヴァリエ、国家功労勲章のオフィシエを授与されている他、2007年にはモロッコのモハメド6世国王陛下より王位勲章のオフィサーを受勲しました。