LVMHグループの社会的貢献活動

創造性は、常にLVMHの価値観の中核を成しています。この創造性への取り組みは、とりわけ、ベルナール・アルノーが1991年にグループの基盤として確立したポリシーである一般利益をもたらす当グループの幅広い社会的貢献活動のイニシアティブに表れています。

 

LVMHのコーポレートシティズンシップの活動は、最大の見込み支持者、とりわけ若年層を対象として想定されています。当グループは、複数の分野、とりわけ、文化の促進と共有、歴史遺産の修復と充実、現代のクリエイションの支援に焦点を当てた包括的なプログラムを展開してします。1991年以来、フランスだけでなく世界中で約50の展示会を支援。数百万の来場者が、芸術の歴史における独創的な時代を発見・追体験し、マティス、ピカソ、ゴッホ、クライン、プッサン、セザンヌ、ジャコメッティといった世界の見方を変えた芸術家、さらにはリチャード・セラ、アネット・メサジェ、クリスチャン・ボルタンスキーなどの一流現代アーティストの作品を楽しんできました。

 

ヴェルサイユ宮殿に対する支援は、LVMHの歴史遺産の修復と共有への貢献を象徴しています。「王室の食卓」展には、世界中から王室のテーブルウェアが集まりました。また、LVMHの後援により、宮殿内のアフリカの間、クリミアの間、イタリアの間、ル・アモー・ドゥ・ラ・レーヌ (王妃の村里) 内のメゾン・ドゥ・ラ・レーヌ (王妃の家) と「Réchauffoire」の修復と改修も実現しました。

 

LVMHグループの社会的貢献活動は、フランス国外にも及んでいます。2004~2005年のフランスと中国の文化交流年には、パリ、ヴェルサイユ、北京、上海、香港で開催された4つの重要な展示会を後援し、フランスと中国の文化間の対話を促進しました。米国では、ニューヨークのMoMAの再オープンを記念して、偉大なリチャード・セラの回顧展がLVMHの後援で開催されました。さらにLVMHは、過去20年にわたり、社会的貢献活動を通じて、プーシキン美術館 (モスクワ)、サーペンタイン・ギャラリー (ロンドン)、Ullens Foundation (北京) など、世界有数の美術館や施設との密接な関係を築いてきました。

 

LVMHは、若者や若いアーティスト向けの幅広い文化および音楽イニシアティブのプログラムについても、過去25年にわたって支援してきました。「1,000 seats for youth (若者のための1,000席)」プログラムにより、これまでにパリの音楽学校の学生40,000人以上がパリ・シーズン中の特別なコンサートへの出席を果たしています。若い名演奏家たちは、国際音楽アカデミーへの当グループの支援により、小澤征爾によるマスタークラスを受講しています。さらにはマキシム・ヴェンゲーロフ、ローラン・コルシア、タチアナ・ヴァシリエヴァといった優れた音楽家に、LVMHコレクションからストラディバリウスの貸し出しを行っています。彼らはこの名器*を用いて、*国際的なステージでその才能を余すところなく表現しています。

 

LVMH Métiers d’Art

LVMH Métiers d’Artは、パートナーのサプライヤーとの協力により、品質の高い原材料の調達 (大抵は希少または次第に減少しつつある原材料) とサヴォアフェールの継承の充実 (時に独特で、伝統的な、この産業特有の技術) において、包括的で持続可能な開発戦略を実施しています。

それ以上に、LVMH Métiers d’Artはグループの信条に従い、共通プロジェクトを通じて、職人の創造性とそのあらゆる形態の革新性を研ぎ澄まし、「メティエ」と外部とのパートナーシップ間の交流を行っています。

このようにして、レザー「メティエ」では、LVMH Métiers d’Artとコー・ブラザーズが協力し、シンガポールのヘンロンなめし革工場を開発しました。1950年創業のこの工場は、現在クロコダイル革のなめしをリードしています。2012年、LVMHは、フランス最後の革なめし会社の1つで、1803年創設のカーフスキンを専門としたルー・タヌリーを買収。

2015年には、エントルフィーノラムスキン加工のトップカンパニーである、スペインのリバギシャ社の株を取得しました。

環境アカデミー

2016年以降、環境アカデミーがこれらの義務を担っています。アカデミーでは、LIFEプログラムの主な課題に対応するコースを用意。対面授業セッション、Eラーニング、バーチャルクラスなど、様々な形式でトレーニングを行います。

また、環境基礎に関するコアなティーチングコースも提供しています。このコースは、主に環境上の課題、環境管理システムの実行、環境法などを網羅しています。これを、創造的な研究開発やマーケティングの役割を担う個人を対象としたモジュールや、購入に関するモジュールなど、アラカルトな「商業」モジュールで補完しています。たとえば、グループのバイヤーであれば、「Building Environmental Performance with Suppliers (サプライヤーとの環境パフォーマンスの構築)」という1日セッションに出席して、サプライヤーの慣習に関わる環境リスクの特定を学び、対象を絞った10の質問でそのようなリスクの判断能力を高めることができます。環境マネージャーについては、サプライチェーンにおけるベストプラクティスも識別できる、さらに徹底したアンケートを使用する訓練を受けます。

アカデミーは、建築家を対象とした特別な方策を実施しています。実際、建築家は、エコ建築の開発により、LVMHの温室効果ガス排出量を減らすうえで鍵となる存在となっています。

さらに、研究者、教授、哲学者、組織の長などで組織される、LIFEvent会議という討論会が立ち上げられました。こうした会議は、主にグループの環境部門ディレクターやマネージャーを対象としています。後者については、環境問題の理解を高めることができるとともに、時事問題の概観を得ることができます。

La Maison des Startups

このイニシアティブは、新しいサービスと革新的な製品を市場にもたらすため、LVMHの傘下メゾンとスタートアップ企業による共同創作を促進します。LVMHは、世界最大のスタートアップキャンパスの中心でLa Maison des Startupsを始動したことで、イノベーション、起業家精神、卓越性の価値観がグループの成長を支える支柱であることを再確認しています。

La Maison des Startupsは、LVMHの傘下メゾンと、ラグジュアリーグッズ業界における可能性を備えたソリューションを提供するスタートアップ企業の協力を促進し、起業家がグループの70の傘下メゾンが形成する独自のエコシステムに特権的にアクセスできるようにします。このプログラム独自のマルチセクターアプローチは、様々なLVMHのビジネスグループ(ワイン & スピリッツ、ファッション & レザーグッズ、パフューム & コスメティクス、ウォッチ & ジュエリー、セレクティブ・リテーリング) に関するイノベーションを備えた起業家とのエンゲージメントを可能にします。

89のワークステーションを備えるSTATION FのLVMHプログラムでは、毎年50社の国際的なスタートアップ企業を招きます。期間は2期間 (1期6か月) です。2017年11月に最初のグループがキャンパスに参加しました。

プログラムに参加したスタートアップ企業の半数以上が、ビバ・テクノロジーのLVMHイノベーションアワードの選考を通過しました。様々な年度のDARE LVMH (ラグジュアリーグッズ業界での社内ベンチャー制度を促進するイニシアティブ) で自身のプロジェクトが受賞したLVMHのマネージャーも、そのプロジェクトを始動するためSTATION Fに招待されています。

イノベーションを刺激する独自のワークスペースや環境に加え、STATION FのLVMHプログラムによって、起業家は、パーソナライズされたコーチングやLVMHの専門家のサポートを受けることができます。一連のワークショップにより、スタートアップ企業はラグジュアリーグッズ業界が直面する課題に精通することができます。また、ピッチセッションが定期的に開催され、LVMHの傘下メゾンの担当者に対してソリューションの発展をプレゼンテーションする機会が設けられます。

LVMHイノベーションアワード

このアワードは、革新的な新しいアイデアの重要性を改めて示すもので、卓越性、創造性、イノベーション、起業家精神というグループの中核をなす価値観と共鳴します。

LVMHイノベーションアワードは、評価額1億ドル未満、従業員数50人未満で、LVMHグループと傘下メゾンが取り組む課題に関連するソリューションを提供する、過去5年間以内に創設されたすべてのスタートアップ企業を対象としています。

毎年30社のスタートアップ企業がファイナリストに選出され、世界中のデジタル変革を推進するゲームチェンジャーが一堂に会するパリのビバ・テクノロジーで、LVMH Labへの参加を認められます。フランスのメディアグループ、Les Echosとパブリシス・グループが共同開催し、LVMHがパートナーを務めたこの大規模なイベントは、業界のトップである企業がスタートアップ企業と強力な関係を築き、その成長を支援する機会となっています。

ファイナリストは、実績のあるデジタルエキスパートの審査員に対してピッチを行い、その結果で受賞企業が選ばれます。受賞したスタートアップ企業は、LVMHグループの投資専門家の支援とアドバイスを受け、LVMHと傘下メゾンとパートナーシップを発展させることができます。LVMHイノベーションアワードに選出された受賞企業とファイナリストのスタートアップ企業は、いずれもSTATION FインキュベーターでLVMHプログラムに参加する機会も得ることになります。

これまでに、ヒューリテック (ディープラーニング)、Oyst (Eコマースソリューション)、VeChain (ブロックチェーン)、Kronos Care (ポストパーチェスソリューション) が、LVMHイノベーションアワードを受賞しています。

DARE

創造性とイノベーション、起業家精神と卓越性は、オープンイノベーションからヒントを得た、グループの社員を対象とするこの画期的な才能開発プログラムの核心を象徴しています。

グループ全体のマネージャーに送られた求められるアイデアと高い可能性を秘めた才能に続き、40のメゾンと15の国からの60の「アイデアの発案者」が選出されて、各DAREセッションに参加します。参加者は、3日間、スタートアップ企業の精神からヒントを得た業務やコラボレーションへの新しいアプローチを試み、その後、参加者の起業家気質がテストされます。

ピッチセッションの後、12の参加者のアイデアを出席者のグループ全体で選出します。その後、これらのアイデアはチームに受け継がれ、LVMHの最高経営責任者に対するプレゼンテーションが行われるグランドフィナーレへとつながります。この審査にはLVMH以外の起業家も参加し、3組の受賞チームを指名します。

当グループのパートナースクールの学生およびインターンから20名を選出し、12チームのいずれかに参加して、DAREを体験してもらいます。

参加者はメンターによるサポートを受けます。LVMHの傘下メゾンのCEOがメンターを務めます。メンターはすべてのセッションに出席して、ビジネスモデルの改善、プロトタイプのテスト、最終ピッチの準備について参加者をサポートします。これは、参加者が、自らのアイデアが経験豊かな専門家の目からどのように見えるかを知ることができるまたとない機会です。

3組の受賞チームはLVMHのスポンサーからのサポートを受け、そのプロジェクトを開発します。さらに、STATION FインキュベーターでのLa Maison des Startupsに参加する可能性もあります。

若手ファッションデザイナーの育成・支援を目的としたLVMHプライズ

そのコンセプト、意義、グローバルな視野は他に類を見ないものです。毎年度のLVMHプライズで、傘下メゾンのアーティスティック・ディレクターが審査を行って選出した、特に優れたデザイナーの才能を表彰します。

「LVMHプライズは、若手ファッションデザイナーの育成・支援を目的としています。このスポンサーシップイニシアティブは、当グループの価値観を反映しています。当グループのデザイナーが未来の才能を選び出し、それぞれのメゾンの発展を通じて報酬とサポートを受けています。LVMHは、ファッションの世界の活力と創造性を国際レベルで育てることに意欲を持っています。ラグジュアリーグッズ業界のけん引役として、若い才能を発見し、その開発をサポートすることこそ当グループの責務です」と、デルフィーヌ・アルノー (ルイ・ヴィトン、エグゼクティブ・バイスプレジデント) は語っています。

LVMHプライズの受賞者は、30万ユーロの助成金と、LVMHプライズの贈呈式より12か月の間、LVMHグループの特定のチームから、受賞者が所属する企業の開発に対するパーソナライズされたサポートを受けることになります。このサポートは、急成長するファッションメゾンの関心を引く可能性があるあらゆる分野の専門家より提供されます (生産と流通、イメージとコミュニケーション、マーケティング、知的財産など)。

さらにLVMHでは、3人の若いファッションデザインの卒業生に、報奨として傘下メゾンの1つのクリエイティブチームで1年間過ごす機会を提供します。

第1回LVMHプライズ以来、トーマス・テイト、ミューニク、フード バイ エアー、マルケス アルメイダ、サイモン・ポート・ジャックムス、グレース・ウェールズ・ボナー、ヴェジャス・クルシェフスキー、マリーン・セル、赤坂公三郎、井野将之、ロク・ファンといった才能が報奨を受けています。

www.lvmhprize.com

L’Institut des Métiers d’Excellence

ラグジュアリーグッズ業界では画期的な取り組みであるInstitut des Métiers d’Excellence LVMHでは、LVMHの主要部門 (ジュエリー、ブドウ畑とワイン造り、クチュール、小売り、デザイン、レザーグッズ、時計製造、料理法) に関わるヨーロッパ中のトップレベルのスクールと連携して、トレーニングを提供します。

コースを受講している実習生は、技術的なトレーニングと理論的な教育の両方を受けます。パートナースクールでのセッションと、LVMHの傘下メゾンまたは既定部門のスペシャリストによる実習を交互に受講し、有給のプロフェッショナルトレーニング契約の下で仕事をします。

さらに、IME実習生は、外国語のクラスを受講したり、熟練した職人、専門家、デザイナーと定期的に会ったり、LVMHの傘下メゾンの工房や店舗を訪れたりします。

IMEは、創設以来、300人を超える若い実習生を養成してきました。2017年のプログラムの卒業率は96%。卒業生の約90%がプログラム終了後に就職しており、うち2/3がLVMHの傘下メゾンで働いています。IMEは、熟練を目指す若者や新たなスキルを学びたいと考える若者の雇用可能性の開発、LVMHの傘下メゾンのかけがえのないサヴォアフェールの次世代への継承といった、プログラム始動時の目標を引き続き達成していきます。

IMEプログラムに参加しているLVMHの傘下メゾンは、ベルルッティ、ブルガリ、セリーヌ、ショーメ、クリスチャン・ディオール・クチュール、エミリオ・プッチ、フェンディ、フレッド、ジバンシィ、ゲラン、ヘネシー、ウブロ、ケンゾー、ラ・グランド・エピスリー、ル・ボン・マルシェ、ロエベ、ロロ・ピアーナ、ルイ・ヴィトン、マーク・ジェイコブス、メイクアップフォーエバー、モエ・エ・シャンドン、モワナ、パルファン・クリスチャン・ディオール、パルファム ジバンシイ、セフォラ、タグ・ホイヤー、ヴーヴ・クリコ、ゼニスです。

ラ メゾン LVMH/アール‐タラン‐パトリモワンヌ

ブローニュの森の中心に位置する前民族民芸博物館をリノベーションして、2020年のオープンを予定しています。元々、ローマ賞受賞者でル・コルビュジエの弟子であるジャン・ドゥビュイソンが設計した建物を、建築家のフランク・ゲーリーとトマ・ドゥビュイソン (ジャン・ドゥビュイソンの孫) が改修します。

 

パフォーマンス、展示会、Métiers dArt、クラフツマンシップのためのスペース

ベルナール・アルノーが、建築家と建築物の使命の観点から、野心的なプロジェクトを提案しました。このプロジェクトは、1989年にプリツカー賞を受賞し、フォンダシオン ルイ・ヴィトンの建築も手掛けた世界的な建築家フランク・ゲーリーによる再構築を軸とし、ジャン・ドゥビュイソンの後継者との密接な協力によって展開されています。この建物の新しい名称は「ラ メゾン LVMH/アール‐タラン‐パトリモワンヌ」。長い間パリとフランスの伝統を定義づけてきた芸術創作、ライブパフォーマンス、応用芸術、優れた職人によるクラフツマンシップのための文化施設です。このリニューアル遺産のイニシアティブは、環境保護の観点からも模範となります。

広く一般に向けたプログラムとアクティビティー

2~3年を要すると見込まれる施設の改修が終わると、「ラ メゾン LVMH/アール‐タラン‐パトリモワンヌ」は一般に向けて公開されます。展示、コンサート、パフォーマンスに使用できる2つのスペースのほか、職人工房、ドキュメンテーションセンター、見事な展望を楽しめるレストランを併設しており、多様なアクティビティーやイベントのプログラムが開催されます。

パリ市とLVMHは、この新しい施設の教育に関する使命に特に力を注いでおり、Institut des Métiers d’Excellence LVMHのサポートのもと、都市近郊の児童や生徒、若者を招いて、伝統的なメティエと、この卓越した専門技能の保護と促進の使命について知ってもらう機会を提供していく予定です。

 

レ ジュルネ パルティキュリエール

LVMHは、2011年、一般の方々にLVMHの傘下メゾンのメティエとサヴォアフェールの大きな多様性を知っていただくため、ジュルネ パルティキュリエールを始動しました。民間企業によるこれまでにないこのイニシアティブには、各傘下メゾンの目を見張る職人たちの優秀さと、ヨーロッパ独自のクラフツマンシップの伝統に対するLVMHグループの敬意が反映されています。また、このイベントでは、工房、ワインセラー、プライベートメゾン、住宅、歴史的な店舗などのグループに受け継がれてきた施設に対する世間の強い愛着にもハイライトを当てています。伝統的なクラフツマンシップの長い歴史を持つフランスやその他のヨーロッパの国々にとって、このサヴォアフェールは経済的成功と文化的影響を支えてきた比類のない資産です。

2011年、2013年、2016年のレ ジュルネ パルティキュリエールの期間中、LVMHは数十万人の来場者に対し、グループの膨大な遺産と、1つの世代から次の世代に受け継がれるLVMHの傘下メゾンのノウハウを公開しました。来場者は、職人技の実現、講演、対話型プレゼンテーションを楽しめるガイド付きツアーに参加。時計職人、クチュリエール、パフュームの密封を行う職人、靴職人、セラーマスター、ジュエラー、トランク職人、リドラー、トップ裁縫師、シェフなど、数千人の職人が待つアトリエや施設を訪れて、その熱意や卓越性へのコミットメントを共有し、忘れがたい週末を過ごしました。

これまでにフランス、イタリア、スペイン、スイス、英国、ポーランドの施設が一般公開されており、クリスチャン・ディオール オートクチュールサロン (モンテーニュ通り)、ルイ・ヴィトンの特別注文工房 (アニエール)、ショーメのサロン (ヴァンドーム広場)、ベルルッティのオーダーメードシューズ工房、ヘネシーのテイスティングルーム (コニャック)、ゲランのオルフィン生産施設、ルイ・ヴィトン工房 (ドローム県)、ヌマンシア・ワイン・エステイト (スペイン)、アクア ディ パルマ パフュームメゾン (イタリア)、ゼニス、タグ・ホイヤー、ウブロの時計工房 (スイス) などが含まれています。

2018年10月12日から14日にかけて、第4回レ ジュルネ パルティキュリエール (Les Journées Particulières)がさらなる熱意のなかで行われました。新たな様相を帯びた今年のレ ジュルネ パルティキュリエール。56のメゾンが一般に公開され、LVMHグループ全体では初公開の40カ所を含む5大陸14か国の77の施設が公開されました。2011年以降、レ ジュルネ パルティキュリエールの来場者は数十万人を数えます。

重要イベントのひとつとして、今年は18万人以上の方々をお迎えし、グループのビジネスとノウハウの多様性についてご覧いただきました。