LVMH Group Japan receives the GOLD award for the “PRIDE Index 2021” – 「PRIDE指標2021」最高位「ゴールド」の受賞について

英語の後に日本語が続きます。

On November 11, 2021, LVMH Group Japan (LVMH Moët Hennessy-Louis Vuitton Japan K.K. together with their 34 Maison under 18 Group legal entities) has been awarded “GOLD” for the “Pride Index 2021” issued by Work with Pride (WWP), a private association promoting inclusivity in the work place for sexual minority people (LGBTI+) in Japan.

The Pride Index has four pillars as outlined below, and LVMH Group’s initiatives and impact in Japan were highly rated in all pillars.

  1. Representation
  2. Inspiration
  3. Development
  4. Engagement/Empowerment

LVMH benefits tremendously from a diverse customer base, strongly represented by LGBTI+ individuals, and has created a Company environment where LGBTI+ employees can thrive. In March 2019, LVMH signed the United Nations’ Standards of Conduct for business regarding LGBTI+ in the workplace and has implemented various initiatives across the world. True inclusion of diverse backgrounds and perspectives of our Talents is the foundation for the creativity and innovation, on which our Maison and Brand’s success is built. Beyond this, diversity, inclusion and equality are the most important ingredients for everyone to truly belong, to trust and perform.

To further bring this inclusion to life and the equitable treatment of LGBTI+ individuals and couples, here are some examples of our concrete actions taken in Japan:

  • Diversity & Inclusion firm commitments within our Leadership Community
  • Unconscious Bias & Inclusive Leadership Training with all Managers
  • Activities taken by “All LVMH Pride”, a group-wide employee affinity group, with LGBTI+ & Ally active members
  • Creation and diffusion of a series of videos capturing stories of LGBTI+ employees, with unique and authentic testimonials within/outside of the Group acting as influential representation models
  • Educational sessions/seminars organized with LGBTI+ talents, ally and external speakers
  • Review/ Amendment of our Company rules for employees with a focus on establishing a clear equal set of benefits and rights for all
  • Training on Practice of “inclusive behaviors” among team members/to customers in retail stores.

We are very proud that these efforts have been assessed and recognized by an Index which is well recognized in Japan. As the first to be awarded in the luxury business sector and as a market leader, LVMH Group Japan has the ambition to be a positive change agent for Japan.

 

LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン株式会社は、日本で事業を展開するグループ会社18社、34メゾンを含めたLVMHグループ ジャパンとしてLGBT+などのセクシュアル・マイノリティ(以下LGBT+)に関する職場における取組の評価指標、「PRIDE指標2021」における最高位「ゴールド」を2021年11月11日に受賞しました。

「PRIDE指標」は、2016年に任意団体「Work with Pride」が、LGBT+の人々が自分らしく働ける職場を日本において実現するために策定した企業や団体の取り組み評価指標です。 この指標は下記の5項目で構成されており、LVMHグループ ジャパンは全項目において高い評価を得ました。

  1. Policy(行動宣言)
  2. Representation(当事者コミュニティ)
  3. Inspiration(啓発活動)
  4. Development(人事制度・プログラム)
  5. Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)

LVMHは、LGBT+を含む実に多様な顧客層により支えられ、またLGBT+の社員が活躍できる職場環境も整えてきました。2019年3月、LVMHは国連の「LGBTI差別の解消に取り組む企業に向けた行動基準」にサインし、世界各地でその取り組みを強化してきました。多様なバックグラウンドや価値観を持つ人々の真のインクルージョンは、我々のメゾンやブランドの成功に欠かせない創造性や革新の礎となるものです。

多様性のみならず、インクルージョンや公平性は、社員が心から帰属意識を持ち、信頼し、仕事にまい進するために最も重要な要素であると考えています。

国内グループ各社においてインクルージョンをさらに実践していくために、またLGBT+当事者、カップルの平等な扱いのための具体的取り組みを次に列挙します:

  • 経営幹部層の、ダイバーシティ&インクルージョンに対するコミットメント
  • 全管理職を対象とした、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)トレーニング、インクルーシブ・リーダーシップトレーニングの実施
  • LGBT+当事者、アライメンバーだれでも参加できる「All LVMH Pride」社員グループの活動
  • LGBT+当事者社員のストーリーや想いを伝えるビデオシリーズを作成し、社内外へ発信
  • LGBT+当事者、アライ社員、外部識者等によるセミナーの開催
  • 就業規則や規程類、福利厚生制度等の見直し
  • 社員同士、顧客に向けてのインクルーシブ・ビヘイビア実践プログラム

様々な取り組みをしてきた事が客観的指標により評価され、受賞につながったことは大変喜ばしいことです。「PRIDE指標2021」に応募した企業のうち、ラグジュアリー業界からの参加と受賞はLVMHグループが初めてとなりました。業界のリーダーとして、多様性に向けた取り組みを一層強化し、社会に前向きな変化を起こしていく活動にも寄与していきたいと考えています。