MANAGERS

「LVMHは、人材によって違いを生み出してきたグループです。他のどこよりも、人材が傘下メゾンの成功を支える重要な資産です。彼らがLVMHのエコシステム内で成功する環境を整えることで、長期的な業績が保障されます。だからこそ最高の社員を育成することが、私たちの人事政策の要と言えるでしょう。」

文化統合による新人研修の最適化

LVMHグループに入社する全ての社員を対象に新人研修プログラムが用意されています。この研修によって、LVMHの世界を体感しながら知識を増やし、グループが直面するあらゆる課題に対する意識を高め、グループが擁する「メティエ」を理解することができます。この期間は、同時期にLVMHグループに入社した他の社員と出会い、ネットワークを築く機会となります。

透明性のある能力評価

グループの人材を知り、その将来の目的を理解することは、LVMHの持続と成功を保証する上で極めて重要です。グループの全社員は、毎年1年の終わりに勤務・キャリア評定のプロセスに参加します。この機会にマネージャーはそのチームメンバーと個人面談という形で意見交換や話し合いを行い、各社員の業績評価、次年度の目標設定、短期・中期的なキャリア上の希望や展望の明確化を行うことになっています。

能力開発ツール

研修は、各社員が能力開発のために活用しなくてはならない基本的なツールです。年次評価の際、マネージャーとそのチームは取り掛かるべき能力開発プログラムについて話し合います。これは、社員の職業上の希望と組織の経営課題との両方にソリューションを提供するものでなくてはなりません。そのため、各社員と各組織のニーズに完璧に合ったソリューションを提供するべく、グループ、メゾン、地域によって多様な研修プログラムが用意されています。取り上げられるテーマは文化、経営課題、「メティエ」、管理、製品など様々で、それぞれの責任レベルに合わせたものになっています。

モビリーティー (社内異動)の奨励

オープンポジションの社内グループプラットフォーム、「Move」は、LVMHグループのイントラネットサイトにホストされています。このプラットフォームを使用して送信された申請は、必ず優先的に受け付けられます。異動は当グループの人事ポリシーにおける支柱の1つで、LVMHグループ内のキャリアアップに有益な要素です。すべてのレベルの職務と「メティエ」を網羅する人事コミッティが、社内の候補者と近日中に発生するポジションをマッチさせて埋めることを目的として、さまざまな地理的地域で定期的に組織されます。2017年には約3,600人の社員が異動の希望を叶えました。