採用

新しい人材の登用は、グループに新鮮な風を吹き込んでくれる不可欠なエネルギー源であり、LVMHの人事方針における戦略の中核となっています。

優秀な人材の積極的雇用

LVMHでは、男女ともメゾンの成功に欠かせない中心的人材として活躍しています。社員がさらにスキルアップできるよう、成長の機会を提供し続けることは非常に重要です。しかしその一方で、LVMHは新しい人材も歓迎しています。外部の人材を受け入れ、新しいエネルギーを取り入れることも必要なのです。そのため採用は、LVMHの人事戦略の重要な柱です。

LVMHおよび傘下のメゾンは、経験のレベルを問わず、優秀な人材を引き付け、採用し、育成していきたいと考えています。LVMHの多様なエコシステムでは、社員のさまざまなキャリア計画に適した機会を提供することができるため、応募者にとっても魅力的です。また募集・採用プロセスが健全であることからも、就職したい企業として多くの方から支持を得ています。LVMHにとって、多様な人材は豊かさをもたらすものです。そのためLVMHは、年齢、性別、見解、その他個人的な特性による差別を排除し、公正な採用を心がけています。

LVMHの環境に適した人材

LVMHでは、起業家精神と国際的視野を持ち、実務的な考え方とクリエイティブな考え方を両立させることのできる優秀な人材を採用しています。また、高品質な製品に愛着を感じられる方を求めています。ラグジュアリービジネスの経験はもちろんですが、それ以外にも、製品やサービスに独創性やオリジナリティが求められる革新的な業種や、精度の高い結果を求められる業種、質の高い顧客サービスが必要な業種などでの経験も役立つでしょう。

高い水準が求められるLVMHグループの中で順調にキャリアを構築するには、ブランドのDNAを守ると同時に、高水準を目指す固い決意と将来を見通す能力を持つことが必要です。求められるのは、ブランドの長い歴史を大切にする姿勢と、時代の変化に俊敏に反応する起業家精神の両方を兼ね備えた人材です。すなわち、現在そして未来に根ざした伝統や創造性、価値観を理解する人材です。戦略的であると同時に起業家精神にあふれ、かつクリエイティブであることが、LVMHの社員の特徴なのです。

メゾンのカルチャーを理解する

メゾンで採用された社員の就業開始にあたっては、特別な配慮をしています。なぜなら、メゾンの文化や歴史、ポジショニングを深く理解することにより、ブランドの戦略や目下の課題をより正しく理解でき、ひいては業績にもつながるからです。

メゾンは現場に近い位置にあり、お客様のご要望にも直接向き合う立場にいます。そのため人材管理については、採用から研修などのキャリアプランまで、各メゾンの自主性を尊重しています。しかし同じLVMHグループに属する以上、共通の価値観も重視されています。それは、最も大切なのは個人であるという考え方であり、個人が変化を生み出せるという強い信念です。