ステファニー・アンリ

LVMHリサーチ部門でブランドリサーチユニット責任者

あなたのMétiers d’Excellenceは何ですか?

私は、LVMHリサーチ部門でブランドリサーチユニット責任者を務めています。言い換えるなら、私の職務とはひとつの化粧品製造の背景にあるさまざまな専門分野をコーディネートすることです。グループに属する異なるメゾンのニーズに応える製品を生み出すには、それぞれの分野の専門家と密接に連携する必要があり、数多くの相互的な意見交換が行われます。研究の課題や進捗に通じている私たちから新しいものをメゾンに紹介することもあれば、逆にメゾンが私たちに対して新商品の開発を依頼することもあります。

この職業に求められる主な資質とは?

前進し続け、より良い仕事をするには、また技術的に難しい挑戦に立ち向かうには、情熱と好奇心が必要不可欠です。指揮者が音楽家を率いるように、化粧品の研究のさまざまな分野を知り、それを調和させていくことも重要です。学生時代に化学を専攻し、LVMHでは23年間働いています。その中で、製剤や処方、研究のいろいろな職種に関わることができました。

この職業で感動を覚えることは?

自分の仕事に情熱を捧げるチームメンバーと仕事をするのが楽しいです。特に、何も学ばないという日は1日としてないほど、この仕事は奥が深いです。23年がたった今も、常に新しい挑戦があります。

この職業を若者たちへ受け継いでいくこととは?

研究職では技術的な基盤が必須であるため、継承は極めて重要です。ですから私はできる限り若い世代に私の得てきたものを伝えています。私は学校で学ばないこと、つまり私たちの仕事の芸術的な面も伝えていきたいと思っています。化粧品を作るには、科学を伴う感性が必要ですが、科学を専門としてきた人々にとっては、これは簡単ではありません。しかし、誰に対しても、この面での成長を期待しています。

これから社会に出る若者にアドバイスを

思い切りやること、失敗を恐れないこと、でしょうか。なぜなら、人は何度も何度も挑戦して初めて答えが見つかるものです。科学の分野ではなおさらです。