ジャン=ミシェル・カサロンガ

ベルルッティ マスターブーツメーカー

私のMétier d’Excellence

私は、全て手作業でビスポークシューズを作るマスターブーツメーカーです。お客様が求めるものを正しく理解するため、最初に何度かお会いします。そして初期モデルを試着していただきます。最後に完成したシューズをお見せします。このプロセスは全体で9カ月ほどかかります。  シューズ内部の形状を再現したラスト(木型)を私が作り、アッパー、組み立て、そして最後のパティーヌ染めといった重要なプロセスを監督します。

このMétierにとって最も大切なこと

耳を傾けること、また共感することは、お客様を真に理解する上で、間違いなく欠かすことができないものです。可能な限り最高のシューズを作るには、お客様の好みや希望を知る必要があります。オープンな姿勢も同様に大切です。お客様の好みを尊重する一方、自分らしさを表現することも求められるためです。そして、好奇心だと思います。職人の技術は、常により良いものを作りたいという情熱から生まれるものです。つまり、どこにいても、例えば他の分野でも、物事がどう行われているかをよく見ることです。そうすることで、成長し続けることができます。

エピソード

あるお客様がシューズを履いてみられた時、その奥様が感動をあらわにされたことがあります。奥様はこう仰いました。「夫が靴を履くのを見るだけで、こんな気持ちになるなんて、思ってもみなかったわ」とても心に残る出来事でした。これこそが、私がこのMétierに魅力を感じる理由です。シューズを手にした人を心から喜ばせることができます。もっと言えば、私が誇りに思う製品を人々に届けることができるのです。

新しい世代へのMétierの継承

これは間違いなく、私にとって重要なことです。木のブロックからラストを作る技術のように、学校では身に付けることのできない技術があります。だからこそ、私たちのサヴォアフェールが失われることのないよう、伝えていくことは非常に重要です。ベルルッティは、木のラストを作る、世界に残されたわずかなシューズメーカーの一つです。この仕事を始めた時、この技術を教わりました。私の世代で消えることがあってはなりません。