Veuve Clicquot

Veuve Clicquot
Veuve Clicquot
Veuve Clicquot

Veuve Clicquot

250年の間、ヴーヴ・クリコはマダム・クリコの大胆さ、独創的な精神、社会的なコミットメントから刺激を受け、シャンパーニュの限界を押し広げてきました。メゾンは今も変わらず、情熱と卓越性をもって期待に応えています。

創業:1772年
CEO : ジャン=マルク・ギャロ
本社 : 12, rue du Temple, 51100 Reims - France
ウェブサイト : www.veuveclicquot.com

IDENTITY

1805年、マダム・クリコは予期せず若くして未亡人になりました。わずか27歳の若さで、1772年に亡き夫の一族によってランスに設立されたシャンパーニュ・メゾンを継承し、その技術と優美さを発揮しました。  そのビジョンと卓越したセンス、そして独創的な精神により、彼女は史上初となるヴィンテージシャンパーニュ(1810年)、動瓶台(1816年)、そして初のブレンドによるロゼ シャンパーニュ(1818年)の製造を成し遂げます。

ヴーヴ・クリコのシャンパーニュ製造は、単に腕前を誇るだけではなく、常に創造的な行為でした。ピノ・ノワールへの愛情と熟成の技術に裏打ちされた、独自の専門知識を必要としてきたのです。

収穫から出荷まで、ヴーヴ・クリコはメゾンの長年のモットーである、「唯一で最高の品質」に刺激を得ています。

マダム・クリコの遺産は、情熱と前向きな姿勢とともに、メゾンの至るところで輝いています。

ヴーヴ・クリコ イエローラベル © Chris Rhodes

ICON

創業者の息子である夫、フランソワ・クリコの死を受け、マダム・クリコが家族経営ビジネスの指揮を取ったのは、わずか27歳の時でした。こうして彼女は、近代における最初の女性実業家に数えられるようになりました。新たな市場をたゆまず開拓し、革新し続けるマダム・クリコは、自分の名前を世界中で一目でわかる卓越性の証明としました。

マダム・バルブ-ニコル・クリコ・ポンサルダンの肖像 © Veuve Clicquot

INSIGHTS

ディディエ・マリオッティ (ヴーヴ・クリコ 第11代セラーマスター) © Nathaniel Goldberg

「ヴーヴ・クリコには、リザーヴワインの中で最大のパレットを特徴とする、並外れた醸造学的遺産があります。それは、ピノ・ノワールへの情熱を持った並外れた女性のビジョンに直結しています。2世紀以上にわたる専門知識と卓越性を継続させ、ブリュット イエローラベルやラ・グランド・ダムなどの象徴的なキュヴェをデザインできることを嬉しく思っています。」

社会的責任

先鋭的なメゾンは、女性起業家を前面に押し出したヴーヴ・クリコ・ビジネスウーマン・アワードを1972年に設立しました。それ以来、27ヶ国から350人の女性が表彰されています。現在、この取り組みは、より大きなインパクトを与えるために考案された国際的プログラムである、ボールド・バイ・ヴーヴ・クリコとしてさらなる発展を遂げています。これには世界中の複数のアクションが関連している他、その中心にはボールドウーマン・アワードが据えられています。

「私たちのメゾンは、長年にわたり女性起業家とともに歩んできましたが、やるべきことはまだあります。そのため、私たちはさらに大きな声で、より迅速に行動を起こさなければなりません。」

ジャン=マルク・ギャロ (ヴーヴ・クリコ CEO)

ボールド・バイ・ヴーヴ・クリコ © Veuve Clicquot

重要な数字

  • 248年 の歴史
  • 24 km メゾンの石灰石のセラー、クレイエールの全長
  • 100% 2018年以降で除草剤を使用していないメゾンのブドウ畑