Mercier

Mercier
Mercier

Mercier Mercier

大胆で先見の明をもつ起業家、ウジェーヌ・メルシエがシャンパンの伝統を破り、「どんな場面でも楽しめるシャンパン」を作り上げたのは1858年のことでした。

1858年創業
CEO : ステファン・バスキエラ
本社 : 68-70, avenue de Champagne, 51200 Epernay - France
ウェブサイト : www.champagnemercier.fr

IDENTITY

ウジェーヌ・メルシエは、20歳という若さで自分のシャンパン メゾンをエペルネに設立、一連の技術革新や大胆な広告を通し、圧倒的な認知度を誇る、誰にでも楽しんでもらえるシャンパンへと成長させました。また、幅広い顧客層へ告知するために、世界博覧会、鉄道、映画など当時利用できたあらゆる宣伝手段を使いました。

さらに1870年、メルシエのシャンパンに話題性を持たせるために、世界一大きなワイン樽を作ることにしました。高さ5メートル、ボトル約20万本分に相当する20トン容量のワイン樽は、エッフェル塔が優勝した1889年パリ万国博覧会の目玉でした。まもなくシャンパン メルシエの評判はフランスのみならず、海外にも広まります。慣行にとらわれず現代的で、型にはまらないおおらかさを備えたメルシエは、独自スタイルを生かした、軽やかかつ個性的なシャンパンを提供しています。

ウジェーヌ・メルシエの肖像 © Collection champagne Mercier

ICON

何よりもシンプルなものを求める消費者が愛するメルシエのスタイルは、大胆でフレッシュ。すべてのワイン通が納得するものです。真の連帯を求める時代の信頼できる友として、メルシエ ブリュットはまさにその正統性とエレガンスを象徴しています。

「メルシエ ブリュット」 © Mercier

INSIGHTS

クリストフ・ボンフォン (シニアワインメーカー) © Leif Carlsson / Mercier
「ブレンディングから生まれる複雑さと豊さには、いまだに驚かされます。そのプロセスによってシャルドネ、ピノ ノワール、ムニエの各ブドウ品種がその特徴を明かにするさまには目を見張らずにいられません。多くのお客さまが楽しまれるメルシエのシャンパンは、分かりやすいフルーツの香りにフルーティで大胆、またはおおらかで個性的な味わいが特徴です。」

INNOVATION

メルシエは、都市部の消費者というターゲット市場に向けた、気軽に楽しめるシャンパンというポジショニングを表現するために、独学でグラフィックデザインとイラストを学んだデイヴィッド・ラナスパを起用しました。この刺激的な出会いから刺激的なパートナーシップが誕生。マーケティングキャンペーンで使用されたイラストレーションは現代のライフスタイルを反映し、メゾンの伝統を現代的な精神で表現しています。メルシエのシンプルかつエレガントなシャンパンは、自宅で友人と気軽に楽しめるスタイルとなりました。

メルシエの広告 © David Lanaspa / Mercier
メルシエの広告 © David Lanaspa / Mercier

OUTLOOK

メルシエは時代を経ても、その原点に忠実です。現代的なシャンパンを提供するという創業者のビジョンを守り続けるメゾンは今、新しい「ドレスコード」を導入し、数々の大きな変化を経験しています。グラフィック、現代的なラベル、印象的でモダンなロゴ、新しくなったネックバンド、そしてホイルラッピング。こうしたディテールから洗練さが光るのです。

重要な数字

  • 150,000 セラーツアーの
    年間来客数
  • 249 1958年以来変わらぬ
    メルシエブドウ園の
    広さ(ヘクタール)
  • 2013 メルシエが新しい
    パッケージ、ロゴ、
    シグネチャーを採用した年

お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

Mercier ソーシャルメディア

他のメゾンを見る - ワイン & スピリッツ