Glenmorangie

ロード中...
Glenmorangie
Glenmorangie

Glenmorangie Glenmorangie

スコットランド北東部の町テインを拠点とするグレンモーレンジィ蒸溜所。国境を越え、はるか遠くまで名声が及ぶシングルモルトウィスキーはここで造られています。

1843年創業
社長兼CEO : マーク・オランジェ
本社 : The Glenmorangie Company, The Cube, 45 Leith St, Edinburgh, EH1 3AT - Scotland
ウェブサイト : www.glenmorangie.com

IDENTITY

グレンモーレンジィは、1843年からスコットランドのハイランド地方にあるグレンモーレンジィ蒸留所で造られています。シングルモルト業界のパイオニアと目されるメゾンは、最高級のウィスキー造りに伝統と革新を融合させることでスコットランドを代表する蒸留所として名を馳せるようになりました。グレンモーレンジィのウィスキーは「unnecessarily well made (完璧すぎる)」と評されるほどです。この品質を達成するため、グレンモーレンジィはスコットランドで最も背の高いポットスチルを使ったユニークな蒸留プロセスを経て造られます。最高級のオーク樽のみを使用し、念入りに熟成した末に完成するシングルモルトは、「Men of Tain (テインの男たち)」と呼ばれる専門の職人チームによって代々受け継がれてきたサヴォアフェールの証です。グレンモーレンジィは、スコットランドで最も愛されるシングルモルトであるだけでなく、2007年以降、最高のワインとスピリッツを表彰する国際的なコンクール、IWSCのゴールドメダルを他のどのシングルモルトスコッチウィスキーよりも多く受賞しています。グレンモーレンジィは「最も賞を受賞している」シングルモルトなのです。

スコットランドで最も背の高いスチル © Glenmorangie

ICON

グレンモーレンジィのロゴは、8世紀に蒸留所の近くに建てられカドボール・ストーンにインスパイアされたものです。中央の印、「シグネット」は、ピクト族の大地、火、水の間のつながりに対する信仰を象徴したものだと考えられています。グレンモーレンジィにとってはウィスキーの洗練された複雑さを表すものです。

カドボール・ストーン © Glenmorangie

INSIGHTS

ビル・ラムズデン博士 (グレンモーレンジィ最高蒸留製造責任者) © Glenmorangie

「私は生化学者としての経験を通して、最高級のウィスキーを造るには芸術と科学の両方が必要だと信じています。また新しいウィスキーのインスピレーションを求め、定期的に世界を旅しています。私はウィスキー造りの全ての工程に情熱を注いでいますが、樽の管理には特に力を入れています。世界の魅力的なブドウ園から樽を調達することで、グレンモーレンジィの熟成に新しくユニークな特徴をもたらすことができます。」

SAVOIR-FAIRE

グレンモーレンジィ蒸留所の豊かな経験と専門知識は、170年以上かけて積み上げられてきたものです。最高の品質、およびウィスキーの製造と熟成の革新的な技術の開発にかける「Men of Tain (テインの男たち)」によって、代々受け継がれてきました。常に完璧を目指し、製造にはミネラル豊富なターロギーの泉の水と厳選されたスコットランド産大麦麦芽を使用しています。グレンモーレンジィは、高さ5.14メートルのスコットランドで最も背の高い銅製のスチルで蒸留されています。これにより、最も軽くてピュアな蒸気のみが熟成に使われ、なめらかで上品なシングルモルトウィスキーが生まれます。旗艦商品である10年熟成の「グレンモーレンジィ オリジナル」は、特別に選定されたアメリカンオーク樽で熟成されます。熟成の間に最大限のフレーバーを抽出し、オリジナルが大切にする丸みのある滑らかなテイストを作るため、オリジナルを熟成する樽は、他のウィスキーの場合とは異なり、2度使用されるとその役目を終えます。グレンモーレンジィは、1987年発売の伝説的な「グレンモーレンジィ 1963 ヴィンテージ」をもって、「追加熟成」や「フィニッシュ」という概念を開拓しました。現在もグレンモーレンジィでは、マチュアードシリーズの3商品が人気を集めています。

グレンモーレンジィ「Men of Tain (テインの男たち)」、スチルマン © Glenmorangie
グレンモーレンジィ「Men of Tain (テインの男たち)」、スチルマン © Glenmorangie

OUTLOOK

グレンモーレンジィの最高蒸留製造責任者のビル・ラムズデン博士は、希少で珍しい樽が保管されている蒸溜所の倉庫「Cabinet of Curiosities」 (秘密の部屋)から、ウイスキー通が楽しめる特別な限定商品の数々を開発してきました。
多くの賞を受賞しているグレンモーレンジィ プライベート エディションの希少なモルトには、それぞれ独特の由来と奥深いストーリーがあります。著名なフォトグラファーのケヴィン・マッキントッシュが撮影した美しい写真には、それが映し出されています。
スコットランドのゲール語で「原点」を意味する「グレンモーレンジィ トゥサイル」は、シリーズ6作目となる最新の限定リリースです。プライベート エディションには、高い評価を得てコレクターズアイテムとなっている「ソナルタPX」、「フィナルタ」、「アルテイン」、「エランタ」、「コンパンタ」があります。中でも特別高い評価を得たされたエランタはジム・マレー氏による「2014ワールド ウィスキー オブザイヤー」に認定されました。

重要な数字

  • 5,14 スチルの高さ
    (メートル)
  • 140 グレンモーレンジィ
    オリジナルのもつ
    アロマの数
  • 57° 49’ N 蒸溜所の緯度。
    モスクワより
    はるか北

お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

Glenmorangie ソーシャルメディア

他のメゾンを見る - ワイン & スピリッツ