Dom Pérignon

Dom Pérignon
Dom Pérignon

Dom Pérignon Dom Pérignon

ドン ペリニヨンはヴィンテージのみ販売されており、最高級の葡萄だけが使用されています。各ヴィンテージは唯一無二であり、収穫年の季節の特徴を再現しています。ドン ペリニヨンは、常にリスクを負いながら、ヴィンテージごとに生まれ変わります。ヴィンテージとなる前段階からすでに、その挑戦は始まっています。

1668年創業
CEO : ステファン・バスキエラ
本社 : 9, avenue de Champagne, 51200 Epernay - France
ウェブサイト : www.domperignon.com

IDENTITY

17世紀、修道士のピエール・ペリニヨンは「世界最高のワインを造る」という強い意志を心に抱きました。それまで誰も考えつくことがなかった類まれなる創造力と、大胆な発想によりもたらされたビジョンがフランスを駆け巡ると、ドン ペリニヨンのワインの名声は、またたく間にルイ14世を魅了し、国王の食卓で供されるという栄誉を得ました。
3世紀の後、ドン・ピエール・ペリニヨンのビジョンとその取り組みはドン ペリニヨンに継承され、今日では、彼は「シャンパンの父」と称されています。ドン ペリニヨンは最高のブドウを使用して造られます。一つ一つがそのヴィンテージに特有のスタイルと個性を備えた比類のないクリエイションです。ヴィンテージを名乗れるかどうかを決めるのは、醸造最高責任者 (シェフ・ド・カーヴ)であるリシャール・ジェフロワです。「収穫したブドウがドン ペリニヨンの基準を満たしていなければ、その年のヴィンテージは造りません。」
このビジョンは、ドン ペリニヨンに特徴的な成熟、活力、軽やかさ、重厚さの絶妙なバランスを味わえば明らかであり、これがワインにしなやかでエレガントな熟成の可能性をもたらすのです。

ドン ペリニヨンのボトル © Luc Castel 2013

ICON

1668年、ドン・ピエール・ペリニヨンはオーヴィレールール修道院のワイン倉庫係となりました。彼はブドウ畑を活かし、エステートに再び繁栄をもたらします。考え抜かれた数種のブドウのアサンブラージュ (ブレンディング)、黒ブドウから白ワインを造りだす方法、複数回おこなう繊細な圧搾方法などによって、シャンパン製法の基礎を築いたのです。1715年に没するまで、ルイ14世とまったく同じ時代を生きたドン・ピエール・ペリニヨンは、「世界最高のワインを造る」ための方法を完成させることに人生を捧げました。

ドン・ピエール・ペリニヨンの彫刻 © Richard Newton

INSIGHTS

リシャール・ジェフロワ (醸造最高責任者) © Thierry Bouët

「私は常にヴィンテージを自然が奏でる音楽に喩えてきました。醸造最高責任者としての私の役割は、楽器を手にして演奏することです。ドン ペリニヨンのユニークなスタイルと、各ヴィンテージが表現する個性との調和のとれた対話は、ワインの本質的な魂を明らかにする鍵なのです。」

SAVOIR-FAIRE

ドン・ピエール・ペリニヨンの哲学、ビジョン、精神は、ドン ペリニヨンのワイン醸造に関する10の基本原則を説くマニフェストへと姿を変えました。ドン ペリニヨンはヴィンテージのみで、アサンブラージュ (ブレンド)によって造られます。毎年、醸造最高責任者 (シェフ・ド・カーヴ)は異なるブドウを用いてドン ペリニヨンのスタイルを追求し、ドン ペリニヨンのスタイルとヴィンテージそのものの表現とのバランスが完璧にとれたユニークなヴィンテージを造り出します。使われるのは、シャンパーニュの最高のブドウ畑から収穫された2つの品種、ピノ・ノワールとシャルドネのブレンド。ワインの複雑さはフレッシュさを保持しながらも葡萄のゆるやかな熟成によってもたらされ、新しいアロマと新しいテクスチャーが時間の経過とともに表れはじめます。熟成過程で酸素を遮断されることによって育まれるこれらのアロマは、優れた熟成の可能性と独特のミネラル感を保証します。これがドン ペリニヨンのアロマの特徴です。

手作業で行うドン ペリニヨンのボトルのリドリング © Mi Hyun Kim

ARCHITECTURE

シャンパーニュの中心、マルヌ渓谷を臨む中腹にたたずむオーヴィレール大修道院は、ドン ペリニヨンの歴史的な誕生の地です。ランスの大司教、聖ニヴァールによって650年頃に建立されて以来、破壊と再建を繰り返した末、ようやく16世紀にカトリーヌ・ド・メディシスの庇護の下で廃墟からよみがえりました。ドン・ピエール・ペリニヨンが47年もの歳月をかけて「世界最高のワインを造る」という大志を追求したのが、この格別な地でした。2012年に回廊が修復された大修道院の遺産は、リシャール・ジェフロワにとってインスピレーションの源です。

オーヴィレール大修道院 © Richard Newton

重要な数字

  • 47 ドン・ピエール・ペリニヨンが
    シャンパーニュ造りに
    捧げた年数
  • 10 メゾンのワイン
    醸造プロセスを導く
    基本原則(マニフェスト)の数
  • 13°C ドン ペリニヨンの
    保管に最適な
    温度

お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

他のメゾンを見る - ワイン & スピリッツ