Cloudy Bay

Cloudy Bay

Cloudy Bay Cloudy Bay

Cloudy Bayはニュージーランドで最も象徴的な高級ワインエステートの1つです。ソーヴィニヨン・ブランは世界のワイン地図にニュージーランドを加え、「新世界」のワインと品種ソーヴィニヨン・ブランの認識を永遠に変えることになりました。

創業:1985年
エステートディレクター : Yang Shen
本社 : Jacksons Road, 7040 Blenheim Marlborough - New Zealand
ウェブサイト : www.cloudybay.co.nz

IDENTITY

Cloudy Bayのストーリーは、1985年、独特な個性と魅力的で力強いソーヴィニヨン・ブラン初のヴィンテージから始まりました。Cloudy Bayは、ケープメンテル創業者のデヴィッド・ホーネンが設立し、マールボロ地方に初めて作られた5つのワイナリーの中の1つでした。

現在Cloudy Bayでは、マールボロのブドウ畑で、シャルドネ、ピノ ノワール、ペロリュスをメトード・トラディショネルスタイルで造っています。これらのワインの品質と豊富な種類は、ワイン産地としてマールボロが発祥地であることを証明しています。

Cloudy Bayは現在の栄光に満足することなく、新開地を探求してきました。2000年に発売されたテ・ココは、樽でソーヴィニヨン・ブランを発酵し、この地域のブドウ品種に対する世界のイメージを変えました。

2009年、Cloudy Bayは新たな冒険へと乗り出し、セントラル・オタゴを第二の故郷としました。ここで、Cloudy Bayは緻密で洗練されたテ・ワヒ  ピノノワールのみを生産しています。

当初からエステートは、場所を想起させ、人々の心を捉えるものを造ることに焦点を合てていました。マールボロとセントラル・オタゴのブドウ畑を持つCloudy Bayのワインは、ニュージーランドの自然の魅力が詰まっています。

Marlborough Vineyards © Josh Griggs

ICON

Cloudy Bayのレガシーはソーヴィニヨン・ブランから始まりました。最初のヴィンテージ以来、ニュージーランドを代表するワインとなり、その品質と一貫性は世界的に名を馳せています。
Cloudy Bayのソーヴィニヨン・ブランのブドウ畑は、ワイラウ・ヴァレーの中心部にある3つの小区域に広がっています。水はけのよい土壌と渓谷の海洋性の気候が調和して、ソーヴィニヨン・ブランのブドウ栽培に最適な条件を作り出しています。
その結果、ワインは純粋で、力強く、高濃度のストーンフルーツ、シトラスで満ち溢れ、わずかにトロピカルな特徴が感じられます。これがCloudy Bayの基準となるスタイルです。

Cloudy Bay Sauvignon Blanc Icon © Josh Griggs

Insights

ヤン・シェン (エステートディレクター)

クラウディーベイではワインの保管に細心の注意を払い、ソーヴィニヨン ブランとピノ ノワールがもともと備えるピュアで際立った香りと、はっとするような力強さをさらに引き出そうと常に務めています。1杯のクラウディーベイを味わえば、純粋を目指す旅に乗り出し、テロワール (土壌)の自然な美に浸ることができます。

ARCHITECTURE

The Shackは、ゲストがCloudy Bayのゆったりとした豪華さと堅実なライフスタイルが楽しめる場所です。

2012年にオープンしたThe Shackは、Cloudy Bayの創業者デヴィッド・ホーネンが住んでいた木造の小屋があった地に建てられました。2009年にその小屋が火災で消失したため、エステートは建築家のティム・グリアとポール・ロルフェに依頼して、新しく、現代的で象徴的なシャック(小屋)を再建しました。

ニュージーランドの伝統的な「バッチ (別荘)」にインスパイアされた休暇用の家で、The Shackは耐候性鋼、木、石そしてガラスを使って建てられました。インテリアは、アオテアロア ニュージーランドの最高のアート作品やデザインが展示されています。あらゆる場所に、ニュージーランド製の家具、付属品、器具があります。

レイアウトは、総合キッチン、オープンなリビング空間、クイーンサイズのエンスイートベッドルーム4部屋から成り立っています。豪華なスイートルームは、「ケープスイート」、「リバースイート」、「マウンテンスイート」、「クラウドスイート」でこの地域の環境を反映させています。この建物は、Cloudy Bay ワインのラベルに描かれた美しいシルエット、リッチモンド山脈の景色に面しています。

Cloudy Bay Shack © Josh Griggs

OUTLOOK

品質はCloudy Bayのこだわりであり、特徴であり、約束事でもあります。比類なきワインを造るには、細部まで配慮を必要とし、ワイン製造のあらゆる面にも関わってきます。

この細部にわたる配慮には環境に配慮することも含まれます。その開拓者精神に従い、Cloudy Bayは、サステナブル・ワイングローイング・ニュージーランドの創設メンバーです。Cloudy Bayでは、ワインビジネスの管理とブドウ園の育成に対し環境に良い活動を導入することを固く守っています。

セントラル・オタゴのCloudy Bayのブドウ畑は、有機栽培が行われています。Cloudy Bayエステートの選ばれた区画では、有機栽培を試験的に行っており、マールボロの残りのブドウ畑に拡大していく予定です。

「我々は土地を管理する者です。我々の農家としての仕事は、その土地を受け取ったときより良い状態にして、次の世代に渡すことです。」

– Cloudy Bay テクニカル・ディレクター ジム・ホワイト

経験

マールボロとセントラル・オタゴにあるCloudy Bayセラーのドアは、ワインテイスティングを提供するだけではありません。お客様は、季節のメニューやプライベートツアー、ブドウ畑やその周辺地域でのカスタマイズ体験をお楽しみいただけます。Cloudy Bayでは、マールボロにある自給自足の高級宿泊施設The Shackも提供しています。

The Shed © Josh Griggs

お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

Cloudy Bay ソーシャルメディア

他のメゾンを見る - ワイン & スピリッツ