Clos des Lambrays

Clos des Lambrays
Clos des Lambrays

Clos des Lambrays

グラン・クリュ街道沿いのモレ・サン・ドニ村に位置するクロ・デ・ランブレイは、ブルゴーニュで最も古く、最も誉れ高いブドウ畑の一つです。シトー会修道院の1365年の記録に、このエステートに関する記載があります。

1365創業
エステートマネージャー : ティエリー・ブルーアン
本社 : 31, rue basse 21220 Morey-Saint-Denis - France

IDENTITY

シトー会修道院の古文書として保管されている1365年の証書に、モレ・サン・ドニ村の「クロ・デ・ランブレイ」と呼ばれるエステートに関する記載があります。コート・ド・ニュイの中心部の8.70ヘクタール (約21.5エーカー)に広がるブドウ畑は、フランス革命中に74人の所有者に分割され、19世紀まで再び統合されることはありませんでした。

1938年、レネー・コソンがドメーヌ・デ・クロ・デ・ランブレイを引き継ぎましたが、ローランド・ド・シャンブルおよびサイエ兄弟がこの土地を購入する1979年までこのブドウ畑はほとんど維持管理されていませんでした。彼らは、ワイン醸造家のティエリー・ブルーアンとともにエステートを復活させ、ワインにかつての栄光を取り戻し、1981年、クロ・デ・ランブレイは、グラン・クリュ (特級畑)に格上げされました。

ドメーヌは、長年に渡り一貫して上質のワインを造っており、「コート・ド・ニュイの宝石」という名でも親しまれています。

雪がうっすら積もった畑 © JL Bernuy

ICON

モレ・サン・ドニ村の5つのグラン・クリュの一つ、クロ・デ・ランブレイのワインは、素朴ながら豊満でしなやかな複雑味があります。「ビロードの手袋の中に鉄のこぶしが入っているような」と巧みに表現されるように、この非常にエレガントなグラン・クリュは、黒ブドウの香りが特徴です。このワインは、様々な資料で世界のワインベスト100にランクインしています。

© JL Bernuy

INSIGHTS

ティエリー・ブルーアン (ワイン醸造家、ドメーヌ・デ・ランブレイのマネージャー) © JC Caslot

「ドメーヌ・デ・ランブレイでは、自然や、自然がブドウに与える影響を相手に作業しています。季節が巡る中でいかなる天候や不確実なことがあっても、私たちは人間の介入を最小限に抑えた、ビンテージワインを造ろうと努力しています。」

SAVOIR-FAIRE

シャルルマーニュやブルゴーニュ公の時代からブドウの木が栽培されていた狭い帯状の土地に位置するクロ・デ・ランブレイは、約9ヘクタール (約22エーカー)に広がる畑です。コート・ド・ニュイの粘土石灰質土壌からは、世界最高峰のワインの一つと考えられているピノ ノワールを原料とするワインが造られます。

ドメーヌは、伝統的なブルゴーニュワインの製造方法に忠実に従ってワインを造っています。クロ・デ・ランブレイは、収穫時の慎重なブドウの選別や、キュヴェ の厳選により、ただひたすらにサヴォアフェールを卓越したワインへと昇華させます。

グレート・セラー © JC Caslot

重要な数字

  • 1365 シトー会修道院に保管されている
    証書に、「クロ・デ・ランブレイ」と
    称されるモレ・サン・ドニ村の
    ブドウ畑の土地が
    初めて記された年
  • 1981 クロ・デ・ランブレイが
    グラン・クリュに格上げされた年
  • 2014 LVMHがクロ・デ・ランブレイを
    買収した年

お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

他のメゾンを見る - ワイン & スピリッツ