Château d’Yquem

ロード中...
Château d'Yquem
Château d'Yquem

Château d'Yquem Château d’Yquem

1855年に行われたボルドーワインの格付けにおいて、シャトー・ディケムはプルミエ・クリュ・シューペリュール (特別1級)の称号を受けました。この栄誉は、ブドウ畑での緻密な作業の賜物です。創業以来、メゾンは見事なテロワールの恩恵を享受するとともに、1593年から受け継がれる独自のノウハウの成果を示しています。

1593年創業
社長兼CEO : ピエール・リュルトン
本社 : Château d’Yquem, 33 210 Sauternes - France
ウェブサイト : www.yquem.fr

IDENTITY

米国の初代大統領ジョージ・ワシントンに親しまれるよりもはるか昔から、イケムのワインはその歴史を綴り始めていました。全ては、それまでイギリス領だったアキテーヌがフランスの支配下に入った1453年に始まりました。100年後、ジャック・ソヴァージュという地元の貴族が封建的領地としてイケムの保有を認められ、熱心なワインメーカーの第一人者になりました。原産地呼称ソーテルヌにおけるこの素晴らしいテロワールには、特別な風土と地理的な特徴があります。シャトー・ディケムは、1855年にプルミエ・クリュ・シュペリュールという栄誉ある称号を受けました。以来、この甘美なワインの素晴らしさが認められ、ソヴァージュ家とリュル・サリュース家は400年以上にわたってこの宝を保護し続けました。1999年、エステートを買収したLVMHグループは、伝統を維持しながら現代的な革新にも順応し、伝説的なイケムのストーリーを綴り続けたいと考えています。ブドウ畑からセラーにいたるまで、各ヴィンテージを生み出す素晴らしい芸術もラベルへの敬意とともに維持され、各年の醸造の運命を決定付けています。

「シャトー・ディケム 2011」のボトルのキャップ © DEEPIX

ICON

20歳で未亡人となったリュル・サリュース家のフランソワーズ‐ジョゼフィーヌは、一族のエステートに対する責任感から、フランス王国の外へもイケム ワインの名声を広めました。1851年に亡くなった伯爵婦人は、ボルドーで最も成功した所有地の一つを孫に残しました。

シャトー・ディケムのフランソワーズ‐ジョゼフィーヌのポートレイト © Château d’Yquem

INSIGHTS

ピエール・リュルトン (シャトー・ディケム社長兼CEO) © Gérard Uferas

「リスクという、ここで不可欠な考え方は、基準を可能な限り高めることだと思っています。そのため、1967年にシャトーはいくつものリスクを取り、アイコニックなヴィンテージを造りました。この大胆なアプローチによって私たちは際立っています。」

SAVOIR-FAIRE

シャトー・ディケムは、徹底的に選別されたブドウの収穫技術で知られています。この技術の決め手は、「貴腐」として知られる”ボトリティス・シネレア菌”の緩やかな成長です。真菌はブドウに付着し、ブドウの皮を通して水を蒸発させます。この状態変化は一般には好まれませんが、適切な気候条件を与えれば、ブドウを「大粒の金」へと変えることができます。貴腐の効果でブドウの糖分と果汁はぐっと濃縮され、通常の熟成を大きく超えたイケムの「シグネチャーレベル」に達します。それは、発酵前のブドウ果汁の潜在的なアルコール分20%、1リットル当たり360グラムの糖分になります。ブドウの収穫は、ボトリティスが適切な成長段階にあることを確かめた上で行わなければなりません。また、約6週間かけて平均で5~6回の選別を行います。この工程は、収穫の時期を遅らせるため、冬が近づくにつれて収量が減少し、全体の50%もの果汁を失うリスクを伴います。結果として、イケムの生産量は1ヘクタール当たり平均9ヘクトリットル (900リットル)と非常に少なくなりますが、それが一貫して素晴らしい品質を保っている理由の一つなのです。

イケムの収穫期 © Gérard Uferas
イケムの収穫期 © Gérard Uferas

OUTLOOK

イケム最古のヴィンテージは非常に高い評価を受けていますが、テイスティングの新しい在り方が受け入れられている今日では、ワインは若いうちからどの熟成段階においても楽しむことができます。最も若いヴィンテージであっても、新鮮なフルーツと高貴なノートが特徴的なアロマ、そして2~3年のセラー熟成に導かれた薫り高い唯一無二の味わいがあります。冷やして提供される若いイケムのボトルはそれぞれストーリーを語り、その純粋さ、エレガンス、複雑さを通して、ブドウ畑における全ての緻密な作業を表現します。

重要な数字

  • 2 ブドウ品種:
    セミヨンと
    ソーヴィニヨン ブラン
  • 9 20世紀に
    ヴィンテージが
    生産されなかった回数
  • 13 1593年以降の
    ワイン醸造業者の世代数

お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

Château d’Yquem ソーシャルメディア

他のメゾンを見る - ワイン & スピリッツ