Belvedere

Belvedere
Belvedere
Belvedere

Belvedere logo Belvedere

自然から造られるベルヴェデールは、ポーランドのウォッカ造りにおける600年の伝統の象徴です。ポーランド産のライ麦と精製水だけを原料に、火を使用した蒸留工程を経て造られています。添加物を一切使用せず、コーシャの認定を受けており、一切の添加を認めないPolska Vodkaの法的規制に従い製造されています。

創業:1993年
社長兼CEO : ロドニー・ウィリアムズ
本社 : Polmos Zyrardów Sp. z o.o., Ulica Mickiewicza 1-3, 96-300 Zyrardow - Poland
ウェブサイト : www.belvederevodka.com

IDENTITY

世界で最も長く営むポーランドの蒸留所の一つであり、1910年からウォッカを製造しているベルヴェデールのマスター・ライ・ディスティラーは、600年に及ぶポーランドのウォッカ製造の歴史から、ポーランド産のライ麦を巧みに扱い、独特の風味と個性を持つ特別なスピリッツを製造しています。

小規模でささやかなPolmos Żyrardów蒸留所は、ベルヴェデールの特徴である一貫した品質を提供しており、2012年以降、エネルギー関連のCO2排出量を42%削減したことで、積極的な持続可能性への取り組みが欧州委員会から認められています。

ベルヴェデールの製造は、世界で最も厳しい規制の一つとされるPolska Vodkaの法的規制によって統制されています。その名が示すように、すべての製造はポーランド国内で行われなければならず、スピリッツは穀物またはジャガイモから造られなければならず、それ以外のものを加えることは一切できません。

ベルヴェデール、世界初の高級ウォッカ
ベルヴェデール、世界初の高級ウォッカ © Christian Banfield

ICON

ベルヴェデールは、ポーランドのZyrardówにおいてベルヴェデールを蒸留する従業員の家族の共同体から成ります。ベルヴェデールはポーランド産のライ麦のみを地元で調達しており、パートナーである8軒の農家と緊密に協力することで、穀物における100%のトレーサビリティを実現しています。また、ポーランド産のライ麦の持続的な成長を促進するために、ウッチ工科大学との協力により発表された、「Raw Spirit Program」を開始しました。

ベルヴェデールの製造
ベルヴェデールの製造 © Christian Banfield

INNOVATION

ウォッカというカテゴリーがニュートラルなものと考えられようになってきている中、ベルヴェデールは現状に挑戦することを誇りに思います。ベルヴェデールは、ブランドの中心であるライ麦により、独特の風味と個性を持つウォッカを提供できると信じています。ベルヴェデールは自然 –  ポーランド産のライ麦、精製水、火を使用した蒸留から造られています。

この信念を示すために、ベルヴェデールのマスター・ライ・ディスティラーは麦芽製造の伝統を復活させ、ベルヴェデール ヘリテージ176を造り上げました。ポーランド産のライ麦を浸漬し、発芽させ、窯の中で華氏176度まで熱する工程を経て、ウォッカ本来の性質が持つ真の風味のために、ライ麦の秘められた奥深さを解き放ちました。

ベルヴェデール シングルエステート ライ シリーズでは、湖畔のBartężekと森林に覆われたSmogóryというポーランドの2つの異なる地域のテロワールがDankowskie Diamondライ麦に与える確かな影響を明確に示しています。同時に試飲すると、2つの土地のウォッカは明らかに異なる風味の側面を表します。これにより、気候の変化がポーランド産のライ麦の風味に影響を与えること、またウォッカにはテロワールが存在するという先駆的な考えが証明されます。

Belvedere Heritage 176
Belvedere Heritage 176 © Christian Banfield

OUTLOOK

ベルヴェデールは、真の目的と明確な意思を持つブランドです。私たちは自然、そして目的、コミュニティ、誠実さ、尊敬という価値観を共有する人々を称えます。

ベルヴェデールの使命は、私たちすべてが共有する地球本来の性質を育むことです。このことは、ベルヴェデールの活動の全てを特徴付け、環境への影響の抑制、持続可能な農業、地元コミュニティとの交流、責任ある消費、そして社会貢献という5つの主要な柱に根差しています。

ベルヴェデールは、2012年以降、エネルギー関連のCO2排出量を42%削減しました。現在、ベルヴェデールはさらなる推進を目指しています。革新的な廃棄物エネルギープロジェクトと一体となり、2022年までに、エネルギー関連のCO2排出量を80%削減することを目標としています。

ポーランドの3つの大学と共同で開発し、欧州委員会の支援を受け、ベルヴェデールは蒸留廃水からバイオマスを回収し、独自のグリーン燃料を作り出します。2025年までに、ベルヴェデールでは蒸留所および周辺事業のため、自己完結型の100%再生可能なエネルギー生成を目指します。

重要な数字

  • 600 ポーランドの蒸留の伝統が誇る年数
  • 1993 ベルヴェデールの設立年
  • 42% 2012年以降のエネルギー関連のCO2排出削減量

お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

Belvedere ソーシャルメディア

他のメゾンを見る - ワイン & スピリッツ