Ardbeg

Ardbeg
Ardbeg

Ardbeg Ardbeg

アードベッグほど熱狂的に支持される蒸留所は数多くありません。強烈にピーティーでスモーキーでありながら、意外性のある甘さを持つ個性的な味わいのシングルモルトは、その故郷であるアイラ島の原野を想起させます。

1815年創業
社長兼CEO : マーク・オランジェ
本社 : The Glenmorangie Company, The Cube, 45 Leith St, Edinburgh, EH1 3AT - Scotland
ウェブサイト : www.ardbeg.com

IDENTITY

1815年に設立されたアードベッグ蒸留所は、最もピーティーかつスモーキーで、複雑な味わいを持つアイラモルトとして、世界中から尊敬を集めています。強烈なスモーキーさと美しく調和する繊細な甘さが魅力で、「ピーティー・パラドックス (矛盾)」として親しまれています。

今日、「究極のアイラモルト」として頂点に立つアードベッグには、波乱に満ちた歴史があります。1980年代から90年代にかけて閉鎖の危機に何度も直面し、1997年にグレンモーレンジィ社の資本により不死鳥のごとく復活しました。現在のアードベッグは、熱狂的なファンを抱えるニッチなカルト的存在として地位を確立しています。

2000年、「蒸留所の扉が二度と閉ざされないように」と願う何千人ものアードベッグファンにより、「アードベッグ・コミッティー」が結成されました。アードベッグを愛するアードベギャンの輪は、今や世界140カ国、10万人以上に広がっています。

アードベッグはウイスキー評論の大家ジム・マレーにより、3年連続で「スコッチ・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」として表彰されるなど、ウイスキー界のスター的存在として高く評価されています。また、2013年と2014年のワールド・ウイスキー・アワードでは、「ワールド・ベスト・シングルモルト」「ベスト・アイラ・シングルモルト」を輩出しています。

究極のアイラモルト アードベッグ10年 © Ardbeg

ICON

アイラ島はスコットランド西岸沖に浮かぶ小さな島です。アードベッグ蒸留所は、この島の南岸の岩がちな小さな入り江の近くに1815年に設立されました。荒々しい原野と深いピートの湿原を持つアイラ島は、霧と神秘に包まれています。ここが、最もピーティーでスモーキーなシングルモルト、アードベッグの故郷です。

アイラ島のライフスタイル © Ardbeg

INSIGHTS

ミッキー・ヘッズ (アードベッグ蒸留所所長) © Ardbeg

「アードベッグの本当のスピリットを感じるには、蒸溜所を訪れるのが一番です。背後で岩に打ちつける波の音を聞き、波しぶきと大麦の匂いに包まれるのです。」

INSPIRATION

「究極のアイラモルト」として高く評価されるアードベッグは、アイラ島の全ての蒸溜所の中で最もアイラ島の自然を豊かに表現しています。ヘザーに覆われたピートの湿原、タールロープ、焚き火の煙、大西洋からの潮風、アイラ島の香り全てを、一杯のアードベッグから感じることができるのです。蒸留所の波乱に満ちた長い歴史、スコットランドに根付くケルトの伝統、アイラ島の荒々しい自然が、アードベッグの神秘的で大胆な個性を生み出しました。

多くの熱狂的なアードベギャン (アードベッグファン)を惹きつけるこの豊かな個性は、他のウイスキーブランドに類をみないアードベッグの大きな魅力です。毎年5月にアイラ島で開催されるアイラ・フェスティバルにちなみ、世界各地で「アードベッグ・デー」が祝われます。「アードベッグ・デー」には、2012年の「アイラリンピック」や、2014年のピートサッカー大会など、毎年テーマが掲げられたコミッティー・イベントが開催され、世界中のファンが参加して盛大にお祝いします。

アイラ島の風景 © Ardbeg
アイラ島の風景 © Ardbeg

OUTLOOK

2011年10月、アードベッグは世界初となる宇宙でのウィスキーの醸成実験に着手し、歴史に名を刻みました。それから約3年間、アードベッグのスピリッツは国際宇宙ステーションで地球の大気圏を周回した後、2014年に地球に帰還しました。
ウィスキーの醸成に重力が与える影響を究明する画期的な実験は、宇宙でのミッションのために特別にデザインされた容器に納めたスピリッツを、宇宙ステーションと地上のアードベッグ蒸留所の3番貯蔵庫で同時に保管して経過を観察するという手法で行われました。これらのサンプルをテキサス州ヒューストンの研究所で比較分析した結果は、ウィスキー造りの未来を変えるのでは、と科学者たちから熱い視線を集めています。

重要な数字

  • 55 アードベッグ10年の
    ピートレベル (ppm)
  • 10万人以上 アードベッグ・コミッティーのファンの人数
  • 19 アードベッグの村の人口

お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

Ardbeg ソーシャルメディア

他のメゾンを見る - ワイン & スピリッツ