AO YUN

ロード中...
AO YUN
AO YUN

AO YUN

伝説の理想郷シャングリ・ラの近くにあるヒマラヤ山脈の麓で造られるアオ ユンは、これまで未踏のテロワールにワインエステートを創設することによって、ワイン生産における未開地を切り開くという並外れた冒険の賜です。

2013創業
CEO : ジャン・ギョーム・プラッツ
本社 : Adong Village, Shengping Town, Deqin County, Diqing Prefecture , Yunnan Province – China

IDENTITY

世界中の優れたワインと比べるに値する赤ワインの生産に理想的なテロワール (土壌)を4年間かけて中国全土で探した結果、最適の土地が雲南省北部で見つかりました。メコン川沿いに位置するこの地域は、伝説の理想郷シャングリ・ラからほど遠からぬ、ヒマラヤ山脈の麓の山岳地帯にある人里離れた楽園の小さな一角にあり、ワイン造りの素晴らしい可能性を秘めています。神聖な梅里雪山の麓に位置する阿東村、西盪村、司農村、說日村にあるアオ ユンのブドウ畑は、標高2,200から2,600メートルにあるため、カベルネ ソーヴィニヨンのブドウでこのユニークなテロワールの洗練された特徴を存分に発揮することができます。地元の農業従事者たちは、自分たちの農業技術を活かし、何世紀にも渡ってこの山岳地帯で農業を続けてきました。歴史ある地元の伝統を尊重し、ブドウの収穫とワイン造りは手作業で行われます。アオ ユンのテロワールは、ボルドーに似た特殊な気候に恵まれています。アオ ユンとは「雲の上の飛翔」を意味しており、周囲の山々の頂にかかる雲から名付けられました。

標高2,600メートルのアオ ユンの最も高い場所にあるブドウ畑 (阿東村) © J.Penninck

ICON

314の区画に分けられた合計面積約30ヘクタール (75エーカー)のブドウ畑から収穫されたブドウで造られた、初のアオ ユン ヴィンテージは、カベルネ ソーヴィニヨンとカベルネ フランをブレンドしたワインです。この2013年のヴィンテージは、フレッシュさ、エレガントさ、優れたバランス、絶妙なタンニンが象徴的で、この新しいヒマラヤのテロワールで造られるワインの特徴となっています。

エステートで造られた初のヴィンテージ「アオ ユン 2013」 © Ao Yun

INSIGHT

マクサンス・ドゥルー (エステートマネージャー) © Ao Yun

「モエ・ヘネシーは、新しいテロワールを発見し、息を呑むような風景の中で、驚くほど豊かな文化に敬意を払いつつ、素晴らしいワインを造る一端を担うという、すべてのワイン生産者が夢見るチャンスを私たちに与えてくれました。」

重要な数字

  • 2013 アオ ユン初のヴィンテージ
  • 314 アオ ユンが造られるブドウ畑の区画数
  • 2,600 阿東村にあるエステートの最も高い標高 (m)

お酒は20歳を過ぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影を与えるおそれがあります。

他のメゾンを見る - ワイン & スピリッツ