Moynat

Moynat
Moynat
Moynat

logo moynat Moynat

1849年、トランクメーカーとして創業したモワナは、唯一無二のイマジネーションと妥協を許さないサヴォアフェールの逸話の歴史に彩られた、パリのメゾンです。自動車の台頭や、独自の個性を華開かせたパリのベル・エポックという時代の波に乗る形で、ラグジュアリーな革製品を生み出すこのメゾンは、パーソナライゼーションと職人のクラフツマンシップの結晶である、類い希なアクセサリー、バッグ、芸術的な作品を世に送り出し、自由な空気と新鮮な驚きに満ちた歴史の物語をつむいできました。

創業:1849
CEO : Lisa Attia
本社 : 348 rue Saint Honoré 75001 Paris - France
モワナはLVMHグループの子会社ではありませんが、ファミリービジネスを営むグループ・アルノーにより運営されています。
ウェブサイト : www.moynat.com/en

Identity

1849年にパリに創設されたこの革製品メゾンが持つ素晴らしい特徴の中でも特筆すべき事実があります。メゾンの名称は、男性に支配されていた高級トランク製造の分野に女性の感性を持ち込んだ最初で、ただ1人の女性である、ポーリーヌ・モワナに由来しているのです。

歴史上のメゾンの黄金期は、従来の旅行のスタイルを覆すこととなったスタイリッシュな旅行用トランクの発明によって会社が急成長し始めた時期と並行しています。1873年発表の「イングリッシュトランク」から、自動車積載用トランクの草分けであり、車体の形状に合わせてカスタマイズが可能だった1902年発表の「リムジントランク」まで、モワナと自動車の親密な関係は、パリのベル・エポックと、そのクリエイティブな世界観から引き出された発想がなければあり得なかったことです。

2世紀を経た現在でも、モワナはその進取の精神を受け継いでいます。伝統的な高級革製品製造に熟達し、革新的な技術を吸収してきたモワナの現代のアイテムは、精緻なディテールと妥協のないサヴォアフェールに彩られています。メゾンの歴史の中で、どのモワナのクリエイションにも個々の自由な発想が息づいています。

1849年に創立されたパリのトランクメーカーであるモワナ。© アートディレクションおよびセットデザイン担当Shona Heath、写真撮影担当Tim Gutt

Icon

曲線的なシルエットのクロスボディバッグである「Le Flori」には、トランク製造を手がけるパリのメゾンであるモワナの原点へのオマージュが込められています。トップハンドルのディテール、肉感的なデザインのロック機構は、1900年代に女性向けに作られたトランクのディテールへの観察を通じてインスピレーションを得たものです。

The Flori bag in Taurillon Tourterelle
トリヨン・トゥルトレールのレザーを使用した「Le Flori」バッグ © Moynat

「La Wheel」バッグ

円筒形のミノディエールである「La Wheel」は、モワナの遺産をミニバッグに詰め込んだミニチュアモデルとしてデザインされています。この驚くべき奇抜なデザインは、1907年にモワナが最初にデザインした、スペアタイヤを固定するケースの形状に着想を得たもので、

The Wheel bag in Toile 1920
「トワール1920」のキャンバス素材を使用したホイールバッグのデビュー当時、おしゃれな自動車愛好家の間で話題となりました。 © Moynat

Outlook

モワナならではのトランク製造のサヴォアフェールが、世界各地のモワナの店舗に展示されるヴィンテージのトランクや旅行用品を通して世界中を巡ります。これらの過去の貴重な遺産は、現代のクリエイションと調和するエッセンスを浮き彫りにします。2021年には、新たな巡回スケジュールが予定されています。

重要な数字

  • 1849 パリのトランクメーカー、メゾン モワナの創業年
  • 20 職人が手作業で「Le Flori」バッグを作り上げるのに必要な時間
  • 348 パリのブティックの所在地である、サントノレ通りの番地

Moynat ソーシャルメディア

他のメゾンを見る - ファッション & レザーグッズ