Emilio Pucci

ロード中...
Emilio Pucci
Emilio Pucci

Emilio Pucci Emilio Pucci

エミリオ・プッチの代表作とも言えるプリントは、風習にとらわれれることなくファッションを新しい視点で楽しむ、遊び心にあふれた女性らしさそのものです。

1947年創業
CEO : マウロ・グリマルディ
本社 : Palazzo Pucci Via Pucci, 6 Florence - Italy
ウェブサイト : www.emiliopucci.com

IDENTITY

プッチのストーリーは、フィレンツェ旧市街の中心にあるルネサンス時代の壮麗なパラッツォという贅沢な環境で始まりました。バルセント侯爵エミリオ・プッチが20世紀で最も影響力のあるデザイナーになったのは、単なる偶然でした。サンモリッツ旅行の際に女友達のために流線型のスキーウェアをデザインしたのです。ハーパース・バザー誌の写真家トニ・フリッセルがこの革命的なデザインの写真を発表すると、アメリカで旋風が巻き起こりました。「プリントの王子」とニックネームが付けられた冒険的で大胆なプッチは、自分のファブリックを陽気で動きのある鮮やかな絵画と見ていました。イタリアらしい活力とシンプルな形が調和したプッチのデザインは、風習にとらわれない色彩とライフスタイルを称えています。そのデザインは1947年の創業以来、人々を「Dolce Vita (甘い生活)」へと招いてきました。

エピソード1-2016年春夏コレクション © Emilio Pucci

ICON

フィレンツェ旧市街の中心にプッチ家が建てたルネサンス期の宮殿は、創業者からマッシモ・ジョルジェッティに至るメゾンのデザイナーにとって、尽きることのないインスピレーションの源です。フレスコ、胸像、金線細工で飾られたこの伝説的な宮殿は、プッチの精神そのものです。

パラッツォ プッチにてエミリオ・プッチとモデル @ Emilio Pucci

INSIGHTS

ラウドミア・プッチ (エミリオ・プッチ会長) © Juan Aldabladetrecu

「父はミニマリズム以前からのミニマリストで、ジェット機が飛び交う前からのジェットセッターで、織物技術が確立する以前からの科学者。その先見性と仕立ての大胆さという点で挑発的でした。彼にとってプリントはリズムと動きであり、プリントの中に人から人に伝染する幸福のメッセージを込めたのです。」

ARCHITECTURE

エミリオ・プッチの旗艦店は、2012年のニューヨークに続き、2013年にはパリを象徴するモンテーニュ通りにオープンしました。パリ店は、建築家ジョゼフ・ディランがブランドのクリエイティブ・ディレクターであるピーター・デュンダスのインプットを豊富に取り入れて設計したモダンなパラッツォであり、その壮大で洗練された佇まいが印象的です。フロアはメゾンを象徴する「トーレ」柄からインスピレーションを得たグレーとパープルの象嵌で、壁は様々な色彩のシルクベルベットのファブリックで飾られています。この新スポットは、ブランドのダイナミズムと、国際的なファッションの中心地から新興市場までを含むグローバルな小売展開戦略を反映する最高のショーケースとなっています。

ミラノに新しくできたエミリオ・プッチ旗艦店 © Emilio Pucci
ミラノに新しくできたエミリオ・プッチ旗艦店 © Emilio Pucci

INSPIRATION

デザイナーはキャリアを築き始めた頃から独自のプリント開発をスタートしました。洗練された前例のない色彩の組み合わせに拍動感のある幾何学パターンというプリントを見て、国際的なファッションプレスは「プリントの王子」というニックネームを贈ります。プッチは自分をアーティストだと考えたことはありませんでしたが、そのプリントは実際、シルクのキャンバスに描き出され、装飾的な縁取りを施され、「エミリオ」とサインを入れたアートワークのようでした。今日、プッチのキャンバスは巨匠の作品と並んでパラッツォ プッチの壁を飾っています。

エミリオ・プッチのイブニングドレス © Juan Aldabladetrecu A handpainted P
ウォーリーのヨット用の手描きによるプッチ プリントの帆 © Carlo Borlengi

重要な数字

  • 50 世界各地の店舗数
  • 20,000以上 エミリオ・プッチの
    アーカイブに保存
    されるプリントの数
  • 2,000 モニュメントを覆うため
    に使われた最大の
    プッチ プリントの面積
    (平方メートル)