Acqua di Parma

ロード中...
Acqua di Parma
Acqua di Parma

Acqua di Parma Acqua di Parma

イタリアのサヴォアフェールと洗練を象徴するアクア ディ パルマは、そのエレガントなフレグランスと美容製品を通じて、さりげないラグジュアリーを体現しています。

1916年創業
会長兼CEO : ローラ・ブルデーゼ
本社 : Via Ripamonti, 99,20141 Milan - Italy
ウェブサイト : www.acquadiparma.com

IDENTITY

1916年、パルマの旧市街にある小さな研究所で、熟練したマスター パフューマーたちの手によって、爽やかで洗練された、そしてモダンなフレグランスが生み出されました。「コロニア」と名付けられたこのイタリア初のオーデコロンは、新しい感性を表現していました。最も印象的だったのは、天然成分のみで製造されたそのフォーミュラとアールデコのラインを描くボトルでした。その人気が頂点に達するのは、イタリア映画が黄金期を迎える1950年代。当時の名高いスタジオ、チネチッタで撮影するためローマに訪れた映画界屈指の大物たちに、このフレグランスの魅力が認められたのです。イタリアの国境を越え、時代と流行を超越したコロニアは、上流社会で愛される高級フレグランスの地位を獲得し、イタリアンエレガンスの紛れもないシンボルになりました。メゾンは、1998年に最初のブティックをミラノにオープンして以来、フレグランス、コロン、化粧品、シェービング製品、ホームコレクション、レザーアクセサリーなど幅広い製品を展開してきました。現在、アクア ディ パルマは注目の市場におけるライフスタイルブランドとして、洗練とイタリア的気品を象徴する世界共通の代名詞になっています。

アクア ディ パルマのフレグランスボトルのイラスト © Acqua di Parma

ICON

独自の錬金術から生まれた、時代や流行に左右されないコロニアのフォーミュラは、およそ100年間変わらぬままです。この洗練されたフレグランスには、太陽を思わせるシチリア産シトラスフルーツのエッセンス、ラベンダーやローズマリー、バーベナ、ダマスクローズのフローラルノート、そしてベチバー、サンダル、パチョリといったエッセンスの温かみのあるウッディアロマが繊細にブレンドされています。

コロニアのボトル © Acqua di Parma

SAVOIR FAIRE

品質、クリエイティビティ、エレガンスは、アクア ディ パルマ独自のスタイルを定義する価値観で、イタリアのサヴォアフェールと洗練の神髄でもあります。さりげないラグジュアリーを表現したアクア ディ パルマの品質は、厳選された成分と真のクラフツマンシップによるものです。メゾンのモットーは、時代と流行を超えた、完璧な美の追求に欠かせない自然なエレガンス。ここでは、古くからの伝統的なクラフツマンシップが、素材の厳選、非の打ちどころのない製造、手作業による仕上げなどの優美なディテールを通して、現代的なデザインの中に生きています。香り付きキャンドルも、今なお天然ワックスと濃縮エッセンスをブレンドする伝統的な手法で作られています。また、街のファサードの色合いにインスピレーションを得た、製品を梱包する黄色の箱も職人によって作られており、パルマ公国の紋章が手作業でエンボス加工されています。

真のクラフツマンシップ:手作業による仕上げ © Acqua di Parma

INSPIRATION

書籍『La Nobiltà del Fare.Stories of Italian Excellences』は、ルネサンス期以降のイタリアの優れた職人による最高級のクリエイションに焦点を当てた物語を通し、イタリアのクラフツマンシップの卓越性にオマージュを捧げています。同書は、熟練の職人たちが伝統の手法を永続させることで独自の製品に命を宿し続けている国際的に有名な芸術機関、企業、小規模の工房を取り上げています。そして、「メイド・イン・イタリー」の専門技術の代表例である23の物語とジョヴァンニ・ガステルの素晴らしい写真を通して、イタリアの素晴らしい偉業を巡る旅へといざないます。

『La Nobiltà del Fare』エキシビション © Acqua di Parma

重要な数字

  • 12 「コロニア」に使用
    されている天然成分の
    種類
  • 100% イタリア製
  • 1916 創業年