Repossi

Repossi

Repossi

レポシは3世代にわたり、イタリアンデザイナーが手掛けるタイムレスでありながらアバンギャルドなジュエリーを提案しています。芸術的で構造的なインスピレーションを取り入れたデザインに、ヴァンドーム広場の卓越したサヴォアフェールが息づいています。2007年に、ガイア・レポシの新たなビジョンによって生まれ変わったメゾンは、伝統的なジュエリーコードを再構築しました。

創業:1957
CEO : Anne de Vergeron
本社 : 282 Boulevard Saint Germain, 75007 Paris
ウェブサイト : www.repossi.com

IDENTITY

ジュエリー & ハイジュエリーメゾンのレポシは、クリエーションの伝統を家族3世代にわたって受け継いできました。

家族経営ジュエラーの伝統は、1957年、トリノから始まります。工業デザインを学んだ後、アールデコをこよなく愛したコンスタンティーノ・レポシが、最初のブティックをこの地にオープンしました。メゾンのストーリーは、創業者の息子アルベルトが国際的な展開を始めたことでさらに続いていきます。70年代後半、モンテカルロに店を構えると、モナコ王室御用達ジュエラーとなりました。1986年には、パリのヴァンドーム広場にブティックを構えます。80年代のグラマラスなスタイルから、パリジェンヌ風のアバンギャルドなエレガンスへ、レポシはいつの時代にも受け入れられる、新しいジュエリーを常に体現してきたのです。

2007年、ガイア・レポシがクリエイティブ・ディレクターに就任し、新たなビジョンでメゾンを一新しました。伝統的なジュエリーコードを再構築し、モダンアートと建築的な構造を原始的なジュエリーに融合させ、「身に着けるアート」という大胆な作品を生み出しています。

「アンティフェール」8連リング、ピンクゴールド、パヴェダイヤモンド

Icon

「セルティ シュール ヴィド」コレクションは、ソリテールのようなジュエリーの典型的な伝統を再解釈し、ダイヤモンドを宙に浮かぶように配しています。見えない構造のベースにセッティングしたダイヤモンドが、肌の上にぶら下がって浮かんでいるようなデザインで、ストーンのピュアな美しさが際立ちます。

「セルティ シュール ヴィド」リング © Anthony Seklaoui / Ohlman Consorti

INSIGHTS

© Antoine Doyen / Mirage Collectif
「アトリエでの制作は100年前と変わりませんが、新しい技術も取り入れています。昔ながらの世界と新しい世界とが、完璧に融合しているのです」

Savoir-faire

1986年からヴァンドーム広場にブティックを構えるレポシのジュエリーには、そのひとつひとつにジュエラーとしてのサヴォアフェールが宿ります。アイテムは全て、フランスとイタリアのアトリエにて、手作業で制作されています。レポシは過去40年以上にわたり、職人技の継承に努めています。
イタリアに代々続くアトリエと継続的に制作を続けることで、技術的なサヴォアフェールを守り、安定した品質を保っています。レポシのジュエリーには、高品質なプレシャスストーンのみを使用しています。主にダイヤモンドですが、カラーダイヤモンドやエメラルドも取り入れています。
© Repossi

重要な数字

  • 3 3代続くクリエーター
  • 10 ベルベルコレクション誕生から10年
  • 1000 「メープルソープ」コレクションのチェーンネックレスにセットされたダイヤモンド