Chaumet

ロード中...
Chaumet
Chaumet

Chaumet Chaumet

ヴァンドーム広場に初めてブティックを開いたパリのジュエラー、ショーメの物語は1780年に始まりました。2世紀以上にわたって、ショーメは創造性と卓越性を体現し続けています。

1780年創業
会長 : ジャン=マルク・マンスヴェルト
本社 : 12, place Vendôme, 75001 Paris - France
ウェブサイト : http:www.chaumet.jp

IDENTITY

ショーメの創業者マリ=エティエンヌ・ニトは、ナポレオン1世の公式ジュエラーを務め、皇后ジョゼフィーヌや後の皇后マリー=ルイーズのためにティアラや公的なジュエリーだけでなく、プライベートで身につけるジュエリーも製作しました。工房の職人達の間で世代から世代へと受け継がれてきたサヴォアフェールは、メゾンを特徴付ける創造性と卓越性の証です。アトリエの責任者でベルエポック時代随一の職人だったジョゼフ・ショーメは、メゾンに自分の名を冠し、ヴァンドーム広場12番地の自身の邸宅にハイジュエリーのアトリエとデザインスタジオを設けました。この高級感あふれる場所で、ショーメはパリのエレガンスと卓越性を反映したハイジュエリーとウォッチコレクションを生み出しています。また、ショーメは倫理的行動を約束する責任あるジュエラーとして、2005年にRJC (責任あるジュエリー協議会)に加盟し、2011年にその認証を受けています。

「ブルボン=パルム」 ティアラ © Chaumet

ICON

ショーメのミューズを象徴する「ジョゼフィーヌ」コレクションは、メゾンならではの上品でエレガントなスタイルを永遠に留めるものです。繊細なラインとまばゆい宝石を組み合わせたこのコレクションでは、ジュエラーとしての230年の伝統と現代的な創造性を表現しています。

「リアン・ドゥ・ショーメ」 リング © Chaumet

INSIGHTS

ジャン=マルク・マンスヴェルト (ショーメ会長) © Chaumet

「ヴァンドーム広場の象徴的な存在であるショーメの信条は、230年以上続いてきた専門技術だけでなく、メゾンのスタイルとエレガンスを伝えることです。そのスタイルとエレガンスは、全ての時代において、メゾンのジュエリーやウォッチの想像力と優れた品質によって上顧客たちを魅了してきました。この長い歴史の中で、ショーメは創業時から、世界へ目を向ける姿勢を貫いてきました。未来を受け入れ、アジアや特に中国で発展すること促し、今ではそれらの新たな市場においても確固たる地位を築いています。」

SAVOIR FAIRE

ショーメでは、全てはデッサンと共に始まり、続いて宝石鑑定士がそのデッサンを用いてストーンを選別します。品質、希少性、或いはインスピレーションを与える感情を元に選ばれたストーンは、ブリリアントカット、クッションシェイプカット、オーバルカット、エメラルドカット、或いはメゾンを象徴するペアシェイプカットに加工されます。カットされて初めて、原石は光を浴び、真の美しさを披露するのです。デッサンから完成品へ至るまでには、ジュエラー、セッティング職人、研磨職人、エングレービング職人それぞれの手が入り、ジュエリーに命が吹き込まれます。時間はメゾンの方程式の最も大切な要素。職人たちは一つの作品に2000時間以上をかけることもあります。メゾンの全てのコレクションがヴァンドーム広場のハイジュエリー工房で創られています。創造性と革新を生み出すこのアトリエでは、正確で細やかな手作業が保障され、熟練の職人が2世紀以上にわたって伝えてきたサヴォアフェールが維持されています。

「ルミエール・ドー」 ネックレス © Chaumet
「ルミエール・ドー」 リング © Chaumet

OUTLOOK

ショーメは現在、LVMHグループにおいて国際的に発展をし続けており、ヨーロッパ、中東、日本、アジア太平洋地域の主要都市に82以上のブティックを展開しています。ショーメの卓越したサヴォアフェールを反映するジュエリーやウォッチの新しいデザインは、RJC (責任あるジュエリー協議会)の認定とダイヤモンド原石の倫理的原産地を保証するキンバリープロセスに従って社会的・環境的に責任ある供給源から調達される、選び抜かれた原石や貴金属をより一層引き立てています。

重要な数字

  • 12 歴史的なブティック
    のあるヴァンドーム広場
    の番地
  • 60,000 デッサン画の数
  • 82 世界に展開する店舗数

Chaumet ソーシャルメディア

他のメゾンを見る - ウォッチ & ジュエリー