Royal Van Lent

ロード中...
Royal Van Lent
Royal Van Lent

Royal Van Lent Royal Van Lent

高級ヨット製造業者ロイヤル・ヴァン・レントは、世界に誇るオランダの海の伝統を守っています。それぞれの新プロジェクトでは、冒険は真っ白なページから始まり、大海原へと進みます。

1849年創業
会長兼CEO : Jan-Bart Verkuyl
本社 : Royal Van Lent Shipyard B.V., Julianalaan 3, 2159 LA KAAG – The Netherlands
ウェブサイト : www.feadship.nl

IDENTITY

16世紀後半、オランダ人はボート遊びの楽しみを発見し、レース用ボートをヨットと呼ぶようになりました。1849年まで遡るファン・レント家の造船所は、海を極めるという伝統を継いでいます。ファン・レント家のヨットは、すでに1920年代にはスピードコンテストで優勝する性能を誇り、初めてスチール、次いでアルミニウムを使用したことでも知られています。質の高い船舶の建造と設計を専門としていたロイヤル・ヴァン・レントは、代々受け継がれてきたサヴォアフェールに、深く刻まれた進取の気性を組み合わせることで、性能、快適性、航海の喜びといった点をめぐる高度な要求に応えています。フィードシップのブランド名で販売される全長35~120メートルのボートは、最新テクノロジーと高品質の設備を併せ持っています。ファン・レント家は何世代にもわたり、優れた海洋建築家やデザイナーとの関係を築き上げてきました。こうして独特の船が生まれ、オーナーは設計に密接に関わるのです。

1914年当時の造船所の労働者:優れた品質のフィードシップを造り上げるのは優秀な人材 © Feadship

ICON

2004年に完成したエクスタシーは、ロイヤル・ヴァン・レントが建造した中で最も全長のある船です。トップスピード30ノットを超えるこのヨットを造る際の課題は、ロイヤル・ヴァン・レント独自のエレガンスを維持しつつ高速スピードに耐えられる船殻を設計することでした。この性能と洗練の究極の融合が、まさにメゾンの象徴です。

全長86メートルのエクスタシーがトップスピードの33ノットオーバーに達するには、43,270馬力と同等のエンジンパワーが必要 © Feadship

INSIGHTS

Jan-Bart Verkuyl (ロイヤル・ヴァン・レント会長兼CEO) © Feadship

「フィードシップの船はどれも非常にユニークで、卓越と最新技術に立脚する新しい設計モデルを創り出そうとする私たちの意志を反映しています。このことは、メゾンが追求する理想と共通しています。なぜなら私たちは、最高を求めている人々のためにオーダーメイドのヨットを造っているからです。」

SAVOIR FAIRE

2001年、ヴァン・レント船所に対してオランダ女王から誉れ高い「ロイヤル(王室)」の称号が授与されました。この栄誉は模範的な形で基準を満たしている企業に与えられますが、製品の品質だけでなくスタッフの行動や社会的責任、それに環境への影響といったことも基準に含まれます。「ロイヤル」ビジネスは、将来のプロジェクトはもちろんのこと、過去についても完璧さが求められ、最低でも100年間は同じ家族による経営でなければなりません。オランダの一流企業と並んでこの称号が授与されたことは、ロイヤル・ヴァン・レントがオランダを代表する企業になったことを意味するため、造船所すべてのスタッフにとって何物にも代え難い誇りです。

カーグ島の造船所 © Feadship

OUTLOOK

1849年にオランダのカーグ島で創立された現在のロイヤル・ヴァン・レントは、その100年後にアメリカで開催された1951年ニューヨーク・ボートショーでセンセーションを起こしました。北米市場を席巻した60年後にはアジア市場を視界に。そして2012年、ロイヤル・ヴァン・レントは最新のクリエーションを披露しました。ヘリクスと名付けられた全長45メートル (148フィート)の鋼鉄製のヨットは、アジア人顧客からの特注で製造され、水上に浮かぶ週末用の家をイメージしたデザインになっています。ヘリクスのツアーを香港、海南、シンガポールで行ったロイヤル・ヴァン・レントは、中国大陸で注文を受けた初めての西欧のヨット製造業者となりました。