Jardin d’Acclimatation

ロード中...
Jardin d'Acclimatation
Jardin d'Acclimatation

Jardin d'Acclimatation Jardin d’Acclimatation

皇帝ナポレオン3世が近代パリの象徴とみなしたジャルダン・ダクリマタシオンは、フランス初のアミューズメント・レジャーパークです。1860年に開園し、現在では毎年150万人が訪れていま す。

1860年創業
CEO : マルク-アントワーヌ・ジャメ
本社 : Bois de Boulogne, Carrefour des Sablons , 75116 Paris - France
ウェブサイト : www.jardindacclimatation.fr

IDENTITY

ジャルダン・ダクリマタシオンは、あるカップルの理想が実を結んだ公園です。皇帝ナポレオン3世と皇后のウジェニーは、ロンドン滞在時に強い印象を受けたハイドパークから着想を得て、ブローニュの森の外れにレジャーや娯楽を楽しめるパリ市民のための公園を造る夢を実現させたのです。この計画のために、二人は当時パリ改造事業を推進していたセーヌ県知事ジョルジュ-ウジェーヌ・オスマン男爵、技師ジャン-シャルル・アルファン、造園家ジャン-ピエール・バリエ-デシャン、建築家ガブリエル・ダヴィウを雇いました。専門能力を結集して整備された20ヘクタールの公園は、首都を飾る美しい庭園になっていきます。当初、ジャルダン・ダクリマタシオンには動物学協会が置かれ、世界中の動植物や遥か遠くの文明・文化に慣れ親しむことを目的としていました。現在はこの貴重な19世紀遺産の保全が積極的に行われ、パリやその近郊に住む人々、世界中からの観光客がその景観や建築物を背景に文化・スポーツ活動、アトラクション、散歩を楽しめる場所になっています。

ジャルダン・ダクリマタシオン © Creation :Havas – 写真:オード・シルヴァン

ICON

ジャルダン・ダクリマタシオンは、象徴的なアトラクションであるプティトランとリヴィエール・アンシャンテを抜きには語れません。1878年に運転を開始したプティトランは何世代もの子供たちを乗せて走っています。リヴィエール・アンシャンテは家族全員を小舟に乗せて魔法の旅へ誘います。

ジャルダン・ダクリマタシオンのプティトラン © G. Codina

INSIGHTS

マルク-アントワーヌ・ジャメ (ジャルダン・ダクリマタシオン会長) © F. Grimaud

「ジャルダン・ダクリマタシオンのアイデンティティは、パリ市民の誰もが子供の頃に経験し、今では全体として心象風景となっている感情、情景、場所が一つに集まっていることです。それは、変わらない世界や新しい魔法の源泉の証という、すべての家族が世代を超えて共有する遺産。永遠でありながら新しいパリの象徴です。」

MUSES

スペイン出身の女伯爵ウジェニー・ド・モンティジョは、27歳でフランス皇后となり18年以上在位します。当初は崇められたものの次第に支持を失い、批判や妬みに苦しめられた皇后ですが、皇帝と共に力を合わせてジャルダン・ダクリマタシオンを造園しました。初代園長となったのは当時の著名な動物学者のイジドール・ジョフロワ・サン-ティレール。自然環境で動物を観察することを熱心に擁護したこの学者に導かれ、若い皇后は科学に情熱を傾けました。例えば皇后はフランスで蚕の飼育を発展させようとし、最初の養蚕所をジャルダン・ダクリマタシオンの中心に建てました。この建物は現在、ティールームに姿を変えて現存しています。文学と芸術を愛し、スタンダールやメリメに学んだウジェニーは、産業革命期のパリの変容において積極的な役割を果たしました。イル-ド-フランスの住人がこの公園に対して抱く愛情は、皇后亡き後に生まれた数少ない満足の源です。

「侍女に囲まれたウジェニー皇后」 (1855年) - フランツ-クサーヴァー・ヴィンターハルター

OUTLOOK

2014年10月、ジャルダン・ダクリマタシオンの一角にフォンダシオン ルイ・ヴィトンがオープンしました。フランク・ゲーリーが設計した建物を目指して、大勢の現代アートファンが公園に訪れています。周囲の数ヘクタールの野原や空き地は再整備され、アメリカとカナダの国籍を持つこの建築家が「水面に浮かぶ雲」としてイメージした建物を囲みます。2015年に、運営委員会によるジャルダン・ダクリマタシオン活性化の一環として、行政監督のパリ市に大規模プロジェクトが提案されました。これにより公園がこれまでに提供してきた娯楽要素に加えて、家族や一般来場者に向けた文化的かつ教育的な側面を補うことになります。

重要な数字

  • 25,000 子供用
    ワークショップへの
    年間参加者数
  • 250 日々の公園運営に
    携わっている社員の数
  • 1,397 木の数
    (うち332本が
    2013年から2014年に
    かけて植樹)