メゾン「ジャン・パトゥ」が「パトゥ」となり、新たなビジュアル・アイデンティティを発表

ファッション & レザーグッズ

·

「ジャン・パトゥ」をグループに迎えたLVMHの意図は、フランスのクチュールメゾンのウィメンズ プレタポルテの推進です。現在、「ジャン・パトゥ」は、「パトゥ」という新たな名で、新アーティスティック・ディレクターにギョーム・アンリを迎えて生まれ変わります。 メゾンの初コレクションを2019年9月のパリ ファッションウィーク期間中に発表します。

アメリカのメディアに「ヨーロッパで最もエレガントな男性」と讃えられたジャン・パトゥが1914年に創業したメゾンは、女性ファッションに革命をもたらしました。審美家であり、パイオニアでもあるジャン・パトゥはシンプルかつシックなイブニングドレスをデザインする一方、カジュアルなスポーツウェアのコレクションを世界で初めて手がけました。自身のイニシャルで構成されたモノグラム作品を特徴づけるアートの創始者でもあります。

© Patou

優れた洞察力を持ち、レースをこよなく愛したパトゥは1936年に48歳の若さでこの世を去りました。ファッションにおけるカリスマとなったパトゥのメゾンは、マルク・ボアン(1953–1957)、カール・ラガーフェルド(1958–1963)、ジャン=ポール・ゴルチエ(1963–1974)、クリスチャン・ラクロワ(1981-1987)といったデザイナーたちによって引き継がれました。

ギョーム・アンリは「ジャン・パトゥ」から「パトゥ」となったメゾンのアーティスティック・ディレクターに2018年9月に任命され、錚々たるデザイナーたちに続きます。「ジバンシィ」そして「ポール カ」で技術を磨いた後、「カルヴェン」、「ニナ リッチ」と続けて、それぞれ2009年、2015年にアーティスティック・ディレクターに就任します。

2019年9月には、ギョーム・アンリによる「パトゥ」初のウィメンズ プレタポルテ・コレクションがパリで発表されます。コレクションに向けて、メゾンは新たなビジュアル・アイデンティティとともに、その世界を映し出すショートビデオクリップを発表します。

https://www.patou.fr/fr/index.html