LVMHは、weturnとの提携により、高品質な繊維のリサイクルプロセスを採用し、創造的循環性のソリューションを強化します

LVMH

·

LVMHは、weturnとの提携により、創造的循環性のソリューションを完成させ、LIFE 360プログラムを通じてグループが推進する主要な柱である循環型経済への取り組みを継続します(LIFE: LVMHの環境への取り組み)。2020年に設立されたこの新しいスタートアップは、知的財産権で保護されている大手ファッションメゾンの売れ残りのテキスタイルやロール状の生地、端切れなどを、100%トレーサブルなヨーロッパ製の新しい品質の糸や生地に変換することで、専用のリサイクルチェーンを初めて構築しました。

繊維産業におけるクローズドループのリサイクル率は現在1%未満ですが、weturnの取り組みにより、ファッションメゾンは知的財産権で保護された売れ残り製品を、寄付や再利用による解決を考慮した上でリサイクルし、新しいエコデザインのテキスタイルを作ることができます。weturnは、LVMHグループのメゾンと協力して、テキスタイルのリサイクルを支援し、これらのリサイクル素材を、元のメゾンやマーケットの他のブランドやデザイナー向けの製品(パッケージ、アクセサリー、ワークショップ用の生地、チームのユニフォーム、既製服に取り入れるための研究プロジェクト)に再利用できるようにしています。weturnは、50%以上のリサイクル率を達成するための革新的なソリューションをファッション業界に提供するとともに、収集から再利用までのトレーサビリティーチェーンによる透明性を約束します。

LVMHグループは、weturnなどのパートナーと協力して、製品やパッケージとそのトレーサビリティーにおいて、優れた環境への取り組みを強化しています。環境プログラムLIFE 360では、以下の目標を掲げています。

  • 2023年まで:
    • 洗練された修理サービスや、レザーや毛皮などの貴重な素材と代替素材のアップサイクルや再利用を行うことで、高級品の最大の利点である耐久性を高めていきます。
  • 2026年まで:
    • LVMHはお客様に対する透明性を重視しており、すべての新製品に専用の情報システムを搭載します。これは、優れた実践を保証するために必要不可欠な方法です。
  • 2030年まで:
    • グループの新製品の100%にて、素材の採取から加工まで、環境負荷を抑制したエコデザインのアプローチを採用します。
    • グループの戦略的サプライチェーンの100%に専用のトレーサビリティーシステムを導入します。

「LVMHグループが、テキスタイルのリサイクル分野において革新的なソリューションを提供するweturnと提携したことを嬉しく思います。今日、このパートナーシップにより、今後10年間の環境への取り組みであるLIFE 360の4つの戦略的優先事項の一つである創造的循環において、私たちの目標を達成するための新たな一歩を踏み出すことができます。デザイナーがコレクションにアップサイクルをますます取り入れるようになったことや、Nona Sourceのプラットフォームによって高品質な未使用生地やレザーを入手できるようになった点、また、CEDREが製品の廃棄に介入するようになったことから、weturnはメゾンに対し、売れ残った完成品、ブランド生地、糸巻きの形をしたテキスタイルパッケージをリサイクルする機会を提供しています。これにより、創造的循環性を中心とした完全なエコシステムが構築され、デザイナーのインスピレーションの源となっています。「循環システムは整いました!」LVMHの環境開発グループディレクターのエレーヌ・ヴァラードは言います。

「新しいリサイクルチェーンの構築に尽力した1年を経て、フランスの国際的評価に貢献しているLVMHグループといった一流メゾンとともに、売れ残った製品や保護された製品のリサイクルに取り組むことで、循環型経済のマーケットに参加できることを誇りに思います。私たちの目標は、製品の価値が原材料にあることを示すことで、ヨーロッパの繊維産業の復興に貢献することです。と、weturnの創設者であるソフィー・ピニュールは言い添えます。

LVMHの循環型経済へのアプローチの歴史の概要をご紹介します。

グループでは、2006年からリサイクルへの取り組みを進めています。この取り組みは、LVMHが廃棄物回収を専門とするCEDREと協力することで実現しました。その先駆的なアプローチは、2011年にグループの従来の環境戦略に統合され、パッケージのエコデザイン、原材料調達の認証、事業所での廃棄物削減などの改善が行われました。LIFE 360では、LVMHはさらに発展し、循環型創造性を4つの戦略的優先事項の1つとして取り入れています。

weturnとは:

weturnは、来るべきフランスのAGEC法(循環型経済のための廃棄物対策)を見据えて、2020年に設立されました。AGEC法は、2022年1月1日から企業による新品と未使用の繊維材料の破棄を禁止します。同社は、大手ファッションメゾンや繊維専門家、メーカーが保有する在庫品や生産時の端材、IP保護された製品を、新しい品質の糸や生地に再生利用することができる、テキスタイルリサイクルに100%特化したサービスを提供しています。weturnは、独自のリサイクルチェーンを構築し、物流スペシャリスト、リサイクル業者、紡績業者、繊維メーカーが、資源や原料の寿命を延ばし大切にするという共通の目標に向かって結束したネットワークへのアクセスを、お客様に提供しています。

デジタルソーティングと低コストの回収ツールを組み合わせることで、weturnは新しい高品質のリサイクル原料を、市場に沿った競争力のある価格で開発し販売しています。weturnが開発したモデルは、全く新しい分野を生み出し、リサイクルの新しい経済的展望が開かれます。

weturn

weturnは、既存の資源を再生し、再利用することで、天然資源の使用を制限することを使命とする企業です。2020年に設立されたweturnは、循環型経済と法規制遵守に基づいたアプローチで、大手ファッションメゾンの売れ残り繊維を新しい品質の糸や生地に変換することで、新しいリサイクルチェーンを構築し発展させています。www.weturn.eco