LVMHのメゾン、アースデイを記念して環境へのコミットメントを再表明

LVMH

·

世界が未曾有の健康危機に直面する中、私たちはライフスタイルの変化を余儀なくされていますが、同時に、私たちの社会がどう機能しているかを見つめ直す機会にもなっています。アースデイは象徴的な日であり、環境の保護を目的として、数年をかけて考え抜かれたアイデアがどのように実行されているかを確認する機会でもあります。アースデイを迎えるにあたり、LVMHのメゾンは持続可能な製造に対するそれぞれの取り組みを見直し、将来にわたってこの地球を守り抜くためのより責任ある行動を推進するという姿勢を再確認します。

 

ゲランは、アースデイをきっかけに、持続可能性に関する長期的な取り組みを一層強化します。メゾンでは、数年間にわたって、私たちの生態系に必要不可欠なハチを保護する活動を積極的に支援しています。ゲランは2011年からBrittany Black Bee Conservation Associationとのパートナーシップを継続し、2015年にはFrench Apidology Observatoryへの経済支援を開始。これにより、ヨーロッパ全土でミツバチの巣箱の数が大幅に増加しています。また、ゲランでは、2008年以降、Tianzi Nature Reserveとのパートナーシップによって10,000本の花を植えるなど、ランを保護するためのさまざまな取り組みも進めています。

さらに、こうした取り組みの一環として、ゲラン製品のパッケージのエコデザインも推進しています:メゾンが販売するギフトセットの80%にリサイクル素材または再利用可能な素材を使用し、「Abeille Royale」の瓶は90%リサイクルガラスを使用しています。加えて、ゲランでは、原材料に関するトレーサビリティの確保も重視しています。メゾンでは、2021年末までに、製品に使用する原材料のトレーサビリティを100%保証することを目標に掲げています。

セフォラのアメリカ支社では、この数年間、BSRのHERhealthプロジェクトとのパートナーシップにより、セフォラのコレクション製品を製造するアジアの工場に勤務する女性向けに健康教育を提供しています。また、世界的に男女平等を訴求するセフォラは、女性のエンパワーメントが地球にとって有効であると確信しています。最近の研究でも、女性は多くの国々で家庭の意思決定を担い、健全な地球環境の実現において極めて重要な役割を果たしていることが明らかになり、セフォラはその信念を一層強めています。

スターボード クルーズ サービスでは、アースデイを迎えるにあたり、社員に声明を発表。環境保護には集団的な努力が必要であり、メゾンではチームとして未来に向けて一層団結しようと訴えかけました。また、アースデイには、現代社会が直面する環境問題について人々の意識を高めるため、社員の子どもたちに絵を描いてもらい、スターボード クルーズ サービスのソーシャルネットワークに掲載します。

フレッシュでは、今週、保湿効果が認められる花の一つ、“バラ”に関する連作ドキュメンタリーを公開しました。トルコやブルガリア、モロッコのバラは、この花ならではの貴重な特性を維持するため、最新の注意を払って栽培されています。このドキュメンタリーは、バラとその生産者、彼らの特別な技術、そして、素晴らしい製品の原点である自然にオマージュを捧げています。

ステラ マッカートニーは、ロンドン、ピカデリーサーカスで2020年のアースデイを祝福。巨大スクリーンにはシンプルかつ根本的なメッセージが映し出されます。「私たちにとって、毎日がアースデイ」。コレクションと生産方法におけるサステナビリティのパイオニアとして、彼女の名を冠したメゾンは、この休止期間を利用して人間の活動が地球に与える影響について振り返るよう、人々に呼びかけます。このキャンペーンで、これらの問題に対する反応は、環境保護のための長期的なビジョンの一部となるべきであると、改めて伝えています。